*

2016年12月17日 シリーズ5回目死生観

Pocket

グリーフケアの入門編である、
グリーフケア~はじめの一歩に続くシリーズセミナーです。

連続シリーズになっています。

 

2016年8月27日 「グリーフ・喪失とは」

 

から始まり、全5回。
はじめの一歩に参加された方を対象としています。

今回のクールで、2013年から4クール目となります。
1年に1回以上のペースですね。

 

今回は「死生観」

 

ご感想と、
掲載のご了解をありがとうございます。

 

内容を説明すると長くなるので、
参加された方がどんなことを受け取ったか・・
今日は感想から感じ取ってみてください。

深い学びがある回です。

第一回目のご感想からの成長がよく分かります。

 

 

40代 女性
死に対する心構えは、生に対する心構えでもある。
死と生は表裏一体であり、それらを意識するとき
初めて「生きていること」が意味づけられる。
だとすると、限られた生をよりよく生きるために、
日頃から自分の死生観を整理して、
一日一日を大切に生きることである。

 

私達はなぜこの世に生まれ、そして死んでいくのか。
死は私達に何を教えているのか・・
死というのはまさに人生の総決算で、
それを考えるとは
「生死」の哲学をもつということなのかもしれません。
その一つは「今という時間」
「今日という一日」を悔いなく生き抜くことでもある。
そして十分に生ききった生であれば、必ず平穏な死を迎えられる。
「良き生の先には、良き死がある」ということです。

 

「生死」こそ人生の一大事です。
「死とは何か」に対する正しい求道がなければ、
「いかに生きるか」という答えも導き出せません。
いつかまた来たるべきその日のために、
学ぶことは大切だと思っています。
今すぐには役に立たないのかもしれませんが、
いつかきっと役に立つ日が訪れます。いつかきっと。
そう考えると私は、
とても恵まれた環境で学ぶことができています。
浅原さん、ありがとうございます。

 

「5回があっという間だね」
どのクールでも最終回はそんな会話でお別れします。

私からも心からのお礼を☆

そしてXmasプレゼントもありがとうございます。

優しい気遣いがとても嬉しかったです。

20161217_132902

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

言葉に乗せて。

昨年作った冊子を増刷しました。 そのこらしく、あなたらしく ...

記事を読む

愛と哀からなる抱擁

お別れのときがきたら、 ただその人を抱きしめて感謝の言葉を言おう。 ...

記事を読む

2016年 静岡大学後期 喪失とともに生きる

今日から後期の授業が始まりました。 昨年の様子はこんなかんじ ...

記事を読む

グリーフという言葉 vol.4

グリーフという言葉はまだ認知されていない。 知らない人の方が多い...

記事を読む

新着記事

ともにしたいことは・・

生きる中で共有したいこと、 書ききれない程たくさんあると思います。 ...

記事を読む

成績表は要らないよ。

ivyの記事は毎日誰かへのお手紙です。 大切な人をなくす喪失や、...

記事を読む

目線を上げる。

社員教育の記事にあった言葉で、 納得・・ 教育に必要なのは、目...

記事を読む

鍵を握る手と。

ivyのブログでは、 大切な人やものをなくす喪失と、 グリーフを抱...

記事を読む

お尻も慈しむ。

自分を好きになるとか、 大事にするとか・・ そんな広告とか多いです...

記事を読む

ともにしたいことは・・

生きる中で共有したいこと、 書ききれない程たくさんあると思います。 ...

成績表は要らないよ。

ivyの記事は毎日誰かへのお手紙です。 大切な人をなくす喪失や、...

目線を上げる。

社員教育の記事にあった言葉で、 納得・・ 教育に必要なのは、目...

鍵を握る手と。

ivyのブログでは、 大切な人やものをなくす喪失と、 グリーフを抱...

お尻も慈しむ。

自分を好きになるとか、 大事にするとか・・ そんな広告とか多いです...

→もっと見る

PAGE TOP ↑