*

19歳の君へ~本の紹介

Pocket

これも、私が大好きな本です。

若者にも是非。
なぜなら、2007年に千葉大で行われた「いのちを考える」の講演集です。

 

この講演は、知らなかったのですが。
総勢14名の方々がお話しされたそうで、贅沢ですね。
聞きたかった。。本には8名の方の講演が、抜粋されて掲載されています。
(全部でないのが、とても残念。)

 

 

講演が目に浮かぶように、すらすら読めてしまいます。
だけど、内容はずっしりで。
勉強になること、じーんとする話、考えてしまうこと。。いろいろ。

 

最初に読んだ時、知り合いの癌が発覚した頃で。。読みながら、泣いたなぁ。。

と、思いつつ何回も読んでいて
しかも最初に買ったのは人にあげてしまったので
今持っているのは二冊目なんですよ。

 

 

何がそんなに好きかって。。内容だけではない気がします。

 

 

今、丁度「生きる」というセミナーをしてまして。
私の力はまだまだ、このような大学が主催するようなものと違い
小さな小さなセミナーですが。。

 

それぞれの専門の方が、使命をもってやってきた話と言うのは
やはり何かがあるのだと思う。
内容は勿論ですが、それ以上の伝わる力とでも言いましょうか。

 

 

そして、受け手の方にも受ける力というのでしょうか。
受けるタイミングべくして出逢う。。そんな力です。

 

 

講師の先生との繋がり、
聞きに来て下さる方とのご縁も。

 

私が考えたように進むわけではありませんが、
今回もそんな不思議なご縁とタイミングの続くセミナーになっています。

 

 

今日お電話でお話した方が
「私には周りにそういうこともないしと思っていたけれど、
思うようにいかないことがあり。。そんなときに新聞を見ました。
私が行くべきセミナーだと感じました。上手く言えませんが。。」
そう仰って下さって。。

 

胸がいっぱいです。
そうなんです。そういうことがあるんですよね。

 

 

生きる、いのち、繋がっていくもの、繋げていくもの。
繋げていきたい。
19歳の君へ―人が生き、死ぬということ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

音色を奏でるように。

毎日いろいろな出逢いがあります。 会話をしなくても、出逢ってます...

記事を読む

2018年6月 インナーチャイルド・ワークショップご感想

定番となったインチャのワークショップ、 それぞれが気付きを持ち帰りま...

記事を読む

息吹を受け取る。

私が毎年密かに愛でているのは、 この通りがかりにある小さな林檎の実で...

記事を読む

日常の安心

安心・安全が脅かされるとき、 人はこれまで生きている世界に揺らぎを感...

記事を読む

時間への意識

時間は誰にも平等といわれます。 確かに1日は24時間、1時間は60分...

記事を読む

新着記事

音色を奏でるように。

毎日いろいろな出逢いがあります。 会話をしなくても、出逢ってます...

記事を読む

2018年6月 インナーチャイルド・ワークショップご感想

定番となったインチャのワークショップ、 それぞれが気付きを持ち帰りま...

記事を読む

息吹を受け取る。

私が毎年密かに愛でているのは、 この通りがかりにある小さな林檎の実で...

記事を読む

日常の安心

安心・安全が脅かされるとき、 人はこれまで生きている世界に揺らぎを感...

記事を読む

時間への意識

時間は誰にも平等といわれます。 確かに1日は24時間、1時間は60分...

記事を読む

音色を奏でるように。

毎日いろいろな出逢いがあります。 会話をしなくても、出逢ってます...

2018年6月 インナーチャイルド・ワークショップご感想

定番となったインチャのワークショップ、 それぞれが気付きを持ち帰りま...

息吹を受け取る。

私が毎年密かに愛でているのは、 この通りがかりにある小さな林檎の実で...

日常の安心

安心・安全が脅かされるとき、 人はこれまで生きている世界に揺らぎを感...

時間への意識

時間は誰にも平等といわれます。 確かに1日は24時間、1時間は60分...

→もっと見る

PAGE TOP ↑