*

1+1=いくつですか?

Pocket

昨日御紹介した書籍が興味深く、
とてもおススメです。

 

 

現実はいつも対話から生まれる~本の紹介

 

 

詳しくは本を読んで頂くのが得策ですが・・

ひとつは現実は自分の持っている前提から生まれる、
ということ。

 

いつもivyの記事でもお伝えしますが、
そのことが社会構成主義の観点から掛かれています。

 

 

そのひとつの例として、
1+1はいくつかという質問があります。

一般的には、間違いなく2です。

これが数学者なら違う答え方をするというのです。

 

で、偶然にも本を読み切った夜、
数学者にお目に掛かりました。

(なんと、ビックリ)

知らない方ですが、堪えられず・・
聞いてみました。

 

“それは標数がいくつかによって・・”

“と答えればいいのかな”

奇妙な質問をする私に、
そう言って、笑ってくださいました。

 

この本の言い回しとは異なりますが、
意味は通じたということです。

 

ここで言いたいのは、
物ごとの見方を変えようということではありません。

 

気付くべきは、
私達は何かの前提や決めたことの中で言葉を使っている。
という、このことです。

 

 

ここが動けば、
本質は共有出来る。

 

 

そして可能性は、
この枠の外にある。

 

 

可能性への出逢いはここから。

 

 

私達はいつも自分の思いつく中のみで、
可能性を探していないでしょうか?

それゆえに見逃していないか?

 

ただ知らないだけなのに、
限界と捉えていないだろうか。

 

大事なことは何かに、
意識を向ける機会はまだあるのだと思います。

 

これは個人の思考への提案でなく、
対話と関係性への可能性です。

 

ここからの時代に意識して、
生きていきたいと思います。

たくさんの人とここが共有出来たら、
幸せがいっぱいになると思うのです。

因みに数学の話は一例です。
是非とも本を読んで、
対話の可能性を感じてみてください。

グリーフカウンセリングivyのHPはこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

じぶんといのちのシリーズ~講座のお知らせ

新しい講座のお知らせです。 グリーフケア~はじめの一歩、 その...

記事を読む

愛しさを注ぐ先

愛しいという言葉には、 可愛らしいという意味もありますが・・ 心が...

記事を読む

2018年12月 はじめの一歩 ご感想

いらした方が「本読みました。」と、 喪失とともに生きる―対話する死生...

記事を読む

光陰矢の如し

年齢を重ねると1年あっという間、 密度は濃くなるのでしょうが時間は早...

記事を読む

グレーゾーンとの付き合い方

といっても、 脱法とかのことではありません。 世の揉め事がいい...

記事を読む

新着記事

ハートには熟成を。

自分を大事にしてね、 とivyのブログでも書くことがあります。 ...

記事を読む

じぶんといのちのシリーズ~講座のお知らせ

新しい講座のお知らせです。 グリーフケア~はじめの一歩、 その...

記事を読む

愛しさを注ぐ先

愛しいという言葉には、 可愛らしいという意味もありますが・・ 心が...

記事を読む

2018年12月 はじめの一歩 ご感想

いらした方が「本読みました。」と、 喪失とともに生きる―対話する死生...

記事を読む

光陰矢の如し

年齢を重ねると1年あっという間、 密度は濃くなるのでしょうが時間は早...

記事を読む

ハートには熟成を。

自分を大事にしてね、 とivyのブログでも書くことがあります。 ...

じぶんといのちのシリーズ~講座のお知らせ

新しい講座のお知らせです。 グリーフケア~はじめの一歩、 その...

愛しさを注ぐ先

愛しいという言葉には、 可愛らしいという意味もありますが・・ 心が...

2018年12月 はじめの一歩 ご感想

いらした方が「本読みました。」と、 喪失とともに生きる―対話する死生...

光陰矢の如し

年齢を重ねると1年あっという間、 密度は濃くなるのでしょうが時間は早...

→もっと見る

PAGE TOP ↑