*

1+1=いくつですか?

Pocket

昨日御紹介した書籍が興味深く、
とてもおススメです。

 

 

現実はいつも対話から生まれる~本の紹介

 

 

詳しくは本を読んで頂くのが得策ですが・・

ひとつは現実は自分の持っている前提から生まれる、
ということ。

 

いつもivyの記事でもお伝えしますが、
そのことが社会構成主義の観点から掛かれています。

 

 

そのひとつの例として、
1+1はいくつかという質問があります。

一般的には、間違いなく2です。

これが数学者なら違う答え方をするというのです。

 

で、偶然にも本を読み切った夜、
数学者にお目に掛かりました。

(なんと、ビックリ)

知らない方ですが、堪えられず・・
聞いてみました。

 

“それは標数がいくつかによって・・”

“と答えればいいのかな”

奇妙な質問をする私に、
そう言って、笑ってくださいました。

 

この本の言い回しとは異なりますが、
意味は通じたということです。

 

ここで言いたいのは、
物ごとの見方を変えようということではありません。

 

気付くべきは、
私達は何かの前提や決めたことの中で言葉を使っている。
という、このことです。

 

 

ここが動けば、
本質は共有出来る。

 

 

そして可能性は、
この枠の外にある。

 

 

可能性への出逢いはここから。

 

 

私達はいつも自分の思いつく中のみで、
可能性を探していないでしょうか?

それゆえに見逃していないか?

 

ただ知らないだけなのに、
限界と捉えていないだろうか。

 

大事なことは何かに、
意識を向ける機会はまだあるのだと思います。

 

これは個人の思考への提案でなく、
対話と関係性への可能性です。

 

ここからの時代に意識して、
生きていきたいと思います。

たくさんの人とここが共有出来たら、
幸せがいっぱいになると思うのです。

因みに数学の話は一例です。
是非とも本を読んで、
対話の可能性を感じてみてください。

グリーフカウンセリングivyのHPはこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

許すも、許さないも赦し。

怒りと許しは書くと言いつつ、 すっきり書ききれず。 あ・・ ...

記事を読む

大きなSと小さなs

こんなことって予測がつくようなら、 流れに逆らわずにきている方だろう...

記事を読む

2018 小児脳幹部グリオーマシンポジウム

難しい名前ですけど、 知って頂けるといいなと思います。 小児脳...

記事を読む

対話のチャンス

対話の機会が訪れるとしたら、 それは自分にとってのチャンスだと思う。...

記事を読む

2018年10月 シリーズご感想

シリーズセミナー3回目は、 「聴くこと・語ること」 このテーマ...

記事を読む

新着記事

許すも、許さないも赦し。

怒りと許しは書くと言いつつ、 すっきり書ききれず。 あ・・ ...

記事を読む

大きなSと小さなs

こんなことって予測がつくようなら、 流れに逆らわずにきている方だろう...

記事を読む

2018 小児脳幹部グリオーマシンポジウム

難しい名前ですけど、 知って頂けるといいなと思います。 小児脳...

記事を読む

2018年11月 MYジャンクション

御感想を頂き忘れてしまう、 このとこ参加される方の歩みも着々と。 ...

記事を読む

対話のチャンス

対話の機会が訪れるとしたら、 それは自分にとってのチャンスだと思う。...

記事を読む

許すも、許さないも赦し。

怒りと許しは書くと言いつつ、 すっきり書ききれず。 あ・・ ...

大きなSと小さなs

こんなことって予測がつくようなら、 流れに逆らわずにきている方だろう...

2018 小児脳幹部グリオーマシンポジウム

難しい名前ですけど、 知って頂けるといいなと思います。 小児脳...

2018年11月 MYジャンクション

御感想を頂き忘れてしまう、 このとこ参加される方の歩みも着々と。 ...

対話のチャンス

対話の機会が訪れるとしたら、 それは自分にとってのチャンスだと思う。...

→もっと見る

PAGE TOP ↑