*

風と雨と素直さと。

Pocket

今日はある意味、春らしい。
大きな雨粒と風が強い日です。

1年前の今時期も、
同じようなことを書いていた。

 

 

三寒四温

 

 

風と雨を感じると、
少し心細くも感じます。

心が揺れることは大事なサインです。

 

ですから、そこを受け取るといい。

けど・・

 

揺らぎの風

 

 

揺らぎを好まないのは、
気付くとしんどさも伴う気がするから。

 

 

しんどいと設定した奥に、
本当の自分の想いがあります。

 

ここにはひとつ拮抗してる一面があります。

 

生存本能って安全を求めます。
人って自分を脅かすものを避けたいよね。

だから奥に想いがあっても、
怖さの先に進むことを躊躇います。

自分の感覚に気付くこと、

すこぉし抵抗しちゃうかな。

 

 

ふんわりと。

 

 

 

風が運んで、雨が沈めて、
想いが自分に根付いていく。

自分の奥にはたくさんの想いがある。

 

 

種もそうでしょう。
設計図は既に内側にある。

風の力で場所に着き、
土にもぐって、水を吸って・・
芽を出すに至ります。

 

風と雨と、
自分の素直な芽を感じよう。

 

自分の感覚に気付く前、

心にも日差しが降り注ぐ頃。

こんな陽気は春がくる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

不器用の裏側

人は、不器用でいい。 今日、私に届いたフレーズ。  ...

記事を読む

優しさに触れ・・

心の奥にある気持ちとか、 思いがけぬ想いに触れると人は涙が出る。 ...

記事を読む

この言葉を。

言葉を使うようになって、 どのくらい経つだろう。 喃語といわれ...

記事を読む

ステイのスペース

行動を求める人がいっぱいだ。 心について語れるといい。 &...

記事を読む

100歳の遺言~本の紹介

副題がありまして、 ❝いのちから教育を考える❞   ...

記事を読む

新着記事

不器用の裏側

人は、不器用でいい。 今日、私に届いたフレーズ。  ...

記事を読む

優しさに触れ・・

心の奥にある気持ちとか、 思いがけぬ想いに触れると人は涙が出る。 ...

記事を読む

この言葉を。

言葉を使うようになって、 どのくらい経つだろう。 喃語といわれ...

記事を読む

ステイのスペース

行動を求める人がいっぱいだ。 心について語れるといい。 &...

記事を読む

100歳の遺言~本の紹介

副題がありまして、 ❝いのちから教育を考える❞   ...

記事を読む

不器用の裏側

人は、不器用でいい。 今日、私に届いたフレーズ。  ...

優しさに触れ・・

心の奥にある気持ちとか、 思いがけぬ想いに触れると人は涙が出る。 ...

この言葉を。

言葉を使うようになって、 どのくらい経つだろう。 喃語といわれ...

ステイのスペース

行動を求める人がいっぱいだ。 心について語れるといい。 &...

100歳の遺言~本の紹介

副題がありまして、 ❝いのちから教育を考える❞   ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑