*

透明の鐘

Pocket

今夜は感じることがあって、
私の死生観みたいなお話をしようかと思います。

人前でお話をすることがあっても、
私個人のことを話すことは少なくて・・

たまにはいいかなと。

 

死生観というと難しく考える方が多いのですが、
ごくごく日常のことのように感じます。

 

人には死という最期があって、
それがいつどのように訪れるのか誰も知らない。

その後どこかへいくのか、
意識は消えてしまうのか・・はたまた何か思いだすのか。

 

 

私も残念ながら、
まだ経験はなくて分かりません。

お看取りした多くの方の穏やかなお顔を見る限り、
それ程うとましいものでもないような感覚を持つのです。

 

何より・・
あと寿命が数百年あるといわれたらどうでしょう。

それもなんだか違和感がある気がするのです。

 

 

“死”は怖いですか?

私も怖くないと言ったら少し嘘つきね。

でも私が怖いのは“死”ではなくて、
お別れなのだと思っています。

 

 

縁あって出逢った方々と、
私を愛してくれている人々と、
未練のないお別れなどできるだろうか。

私が恐れるとしたら、
もう会えないのかもしれないというここだけね。

ただ・・
私はいのちという大きな存在も、
たくさんの方々の生命を通して学んできました。

 

畏れ多い尊さゆえの大切さ、
それは人間の範囲を超えて遺していく。

見えないだけで、
存在はあるのだと信じているのです。

 

 

お空のこども達へも。

 

天使のママへ

 

 

個人的にはですが、
“死”は卒業みたいだと感じています。

この世のお役目を果たせたら、
今の人生とこの身体を卒業していく。

悲しいかな、
私の意志とは異なることはあるのかも。

 

そして見えない世界へ還る。

 

見えない世界もあるのか分からないけれど、
こんな本があって信じてみてもいいかなと。

 

おそらのリビーへ~本の紹介
(残念ながら日本語版は絶版みたい。)

英語版でも大丈夫な方はこちらから
おそらのリビーへ

 

ひかりの世界は優しくて、
また逢いたかった人に会えるんじゃないかな。

 

 

卒業する日、そのときまで、
私達は少しもがきながら・・
そして、大いにいのちを輝かせながら・・
お互いを信じあい、認めあって生きるのでしょう。

有限の時間の旅をしながら。

その中で出逢うたくさんの人々に感謝しながら。

 

是非この限りある時間の中、
出逢って語り合いましょうね。

 

透明の鐘が鳴る卒業のその日まで。

自分の役目を果たしながら。

 

 

出逢ってくださる全ての方に感謝を込めて。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

繋がりの先

グリーフケアというもの、 これが仕事と捉えられるとき・・ 大事なこ...

記事を読む

もう一度歩き出す。

大切な人をなくしたり、 死の前に佇むとき・・ 人は根源的な問いに行...

記事を読む

ともにしたいことは・・

生きる中で共有したいこと、 書ききれない程たくさんあると思います。 ...

記事を読む

夢見て生きる。

今日の❝夢❞は未来という方、 夜見る方の夢ではありません。 ど...

記事を読む

さよならを大切に。

今HPを見直しているのと、 とある所でお話するスライドを作成中。 ...

記事を読む

新着記事

2018年6月 グリーフケア~はじめの一歩 ご感想

はじめの一歩はグリーフケアの入門編として、 2013年から開催してお...

記事を読む

回る約束

人は生まれもって何か約束があると思う。 言い方を変えれば・・ 生ま...

記事を読む

音色を奏でるように。

毎日いろいろな出逢いがあります。 会話をしなくても、出逢ってます...

記事を読む

2018年6月 インナーチャイルド・ワークショップご感想

定番となったインチャのワークショップ、 それぞれが気付きを持ち帰りま...

記事を読む

息吹を受け取る。

私が毎年密かに愛でているのは、 この通りがかりにある小さな林檎の実で...

記事を読む

2018年6月 グリーフケア~はじめの一歩 ご感想

はじめの一歩はグリーフケアの入門編として、 2013年から開催してお...

回る約束

人は生まれもって何か約束があると思う。 言い方を変えれば・・ 生ま...

音色を奏でるように。

毎日いろいろな出逢いがあります。 会話をしなくても、出逢ってます...

2018年6月 インナーチャイルド・ワークショップご感想

定番となったインチャのワークショップ、 それぞれが気付きを持ち帰りま...

息吹を受け取る。

私が毎年密かに愛でているのは、 この通りがかりにある小さな林檎の実で...

→もっと見る

PAGE TOP ↑