*

見果てぬ夢

Pocket

グリーフケアというものを仕事と謳って、
約4年が経ちました。

未だ職業としては、
認知されていない仕事ですね。

 

「何をしている人?」
そんなふうによく聞かれます。

それを説明するのがひとつは仕事。

 

先にひとつ説明をすると、
欧米諸国では職業としてグリーフに関わる仕事があります。

 

例えば、ホスピスにグリーフカウンセラーがいたり。
死別の後には、
グリーフをフォローする社会システムがあったりします。
カウンセリング自体の捉え方も、
日本よりもっと身近なのだと思うの。
精神科のセラピーのようなイメージとは異なるのだと思います。

 

 

私がグリーフに関することを仕事にしたのは、
グリーフケアだけを認めて欲しいのではありません。

ここがいつも誤解されてしまうというか、
まだ伝えきれない局面でもあります。

 

 

私は小児科の看護師として、
多くの死別に直面してきました。

そこから生じる喪失にも。

 

そうしたとき、
グリーフを抱えて社会で生きづらさを感じることも知りました。

 

 

人がすれ違い、ときに人間関係が破綻する。
生きていく意味を見失うことがある。
それもまたひとつの人生の局面です。

 

でもね・・

先に生き抜いたこども達は、
胸を痛めているんじゃないか・・
(今思えば私の胸の痛みだったのですが)
あのこ達が空で安心して、
この世を見てくれるようにみんなで生きられたらいいな。
そんなことを思ってきました。

これは一部今でも思っています。
昔よりセンチメンタルさは減ったけど、
想いの源は今も変わらないのだと思って。

 

 

先に生き抜いた人から受け取ったもの、
大事に引き継いでいきたいと思うからです。

それはいのちから放たれる光だと感じるのです。

 

 

そう考えたとき・・
グリーフに限ったことでなく、
人がお互いのいのちと存在を認め合っていくこと。

それに見つめることにいのちを費やしたい。
そんな時間を過ごしたいと願うようになりました。

 

有限のいのちの時間に、
出逢った人と愛情を紡ぎ合って生きる。

相手の可能性を信じて、見つめる。

ともに成長しあって関わる。

 

壮大だとしても。
そんな見果てぬ夢を追いたい。

 

 

 

今もグリーフケアって仕事になるの?
そう聞かれます。

私にも未来はまだ分かりません。

 

 

それでも誰かに手を伸ばす、
お互いの生きるを認め合う。

それぞれの出来ることや仕事で支え合う。

ここだけを見つめていけば、
また先に何か見えてくると思うのです。

 

 

そんな社会が出来たら、本当に幸せだから。

見果てぬ夢って、
可能性と自分を信じることだから。

 

 

最後まで読んでくださり、
どうもありがとうございます。

久しぶりに自分のことだけを書きました。

この記事に出逢ってくれて、ありがとう。

 

良かったら・・
この世の見果てぬ夢を創っていきましょうね。

私でよければ、御一緒に。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

2018年 カンボジア報告会ご感想vol.1

今年は国際医療支援の現場、 カンボジアの小児病棟にて、 グリーフカ...

記事を読む

言葉在りきのふたつの意味

私達は自分の認識でこの世界を創っています。 その要素で大きな位置...

記事を読む

「じぶん」と「じかん」の結び方

2018年11月18日 静岡わくわくハラハラ勉強会でお話する機会が巡...

記事を読む

大きなSと小さなs

こんなことって予測がつくようなら、 流れに逆らわずにきている方だろう...

記事を読む

暗闇を抜けるという意識

暗闇を抜けると・・ と書くと移動しているような表現ですね。 &...

記事を読む

新着記事

怒りは二次感情だから。

感情にはいろいろな想いがあります。 怒りもそのうちのひとつと取られが...

記事を読む

正しさはどこに。

世の揉め事の多くは、 どちらが正当かみたいなこと。 どちらも言い分...

記事を読む

それに気付くには。

自己の認知のことを書いたりしますが、 自分の感覚って案外気付かないも...

記事を読む

2018年 カンボジア報告会 ご感想vol.2

カンボジアへ行った報告会、 第2回目のご感想です。 1回目はこ...

記事を読む

2018年 カンボジア報告会ご感想vol.1

今年は国際医療支援の現場、 カンボジアの小児病棟にて、 グリーフカ...

記事を読む

怒りは二次感情だから。

感情にはいろいろな想いがあります。 怒りもそのうちのひとつと取られが...

正しさはどこに。

世の揉め事の多くは、 どちらが正当かみたいなこと。 どちらも言い分...

それに気付くには。

自己の認知のことを書いたりしますが、 自分の感覚って案外気付かないも...

2018年 カンボジア報告会 ご感想vol.2

カンボジアへ行った報告会、 第2回目のご感想です。 1回目はこ...

2018年 カンボジア報告会ご感想vol.1

今年は国際医療支援の現場、 カンボジアの小児病棟にて、 グリーフカ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑