*

表裏一体

Pocket

何が、表裏一体でしょう?勘のイイ方は分かりましたね。

そう、私がいうのは「生と死」です。

表裏一体なのは当たり前じゃんって思った方、もうちょっとだけ読んでね。

「死生観」とか「死生学」と言いますが、これ日本語です。
文章が変ですね。
何が言いたいかと言うと、
英語だと「生」入らないんです。

そもそも、死生観という言葉自体があるのかな?

辞書によると、「死生観」は opinion on death だし。
「死生学」は単語であるけど
thanatologyとか、death education、または death study

ね?「生」ないんですよ。
不思議じゃないですか?

これは、文化や宗教の違いと言われています。
海外では、初めは宗教の考え方からの流れだったようです。

日本で初めに「死生観」と使われたのは、加藤咄堂さんという方が
1904年に書いた本だと言われておりますが
その前に使ってたかどうかは、定かではありません。

あ、でもその前は中江兆民が書いた本があるのだった。
これは、1901年哲学の考えを踏まえて書かれたようです。
(私のブログに中江兆民が出てくるとは。。今まで予想だにせず。)

1904年の時点では、哲学・宗教(仏教)・科学・儒教・武士道が関連する学問として捉えられています。
この時代から、日本人は多方面からの考えとして想いを巡らせていたのだと分かります。

欧米より、ある意味先をいっていたなんて。。
勿論、仏教・儒教の流れがあるので、日本だけでなく東南アジアに入った辺からそうなのだろうけど。。

何が言いたいかというと、日本独特の感性ってあるのだろうなということと

「いのちの大切さ」とか「かけがえない命」って死が近くにあるから、
それを知っているから成り立つ言葉なのだと久々に読んだら書いてあった。

死生学1 死生学とは何か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

そこに誰かがいること。

先日も少し書いたのですが、 大学生達と授業で話すと優しいなぁと感じま...

記事を読む

背景への思いやりを。

大切な人をなくし、 周囲とすれ違いが起こることがあります。 き...

記事を読む

魔法の言葉

魔法という表現を使うと、 なにやら怪しげにも思われそうですが。 ...

記事を読む

居場所というテーマ

古来からある占星術や数秘などでも、 ここからは居場所の時代と謳われて...

記事を読む

難しいを分解ね。

いのちの話は大事と言われるのに、 大切な人をなくすことに関連すると難...

記事を読む

新着記事

そこに誰かがいること。

先日も少し書いたのですが、 大学生達と授業で話すと優しいなぁと感じま...

記事を読む

背景への思いやりを。

大切な人をなくし、 周囲とすれ違いが起こることがあります。 き...

記事を読む

魔法の言葉

魔法という表現を使うと、 なにやら怪しげにも思われそうですが。 ...

記事を読む

居場所というテーマ

古来からある占星術や数秘などでも、 ここからは居場所の時代と謳われて...

記事を読む

難しいを分解ね。

いのちの話は大事と言われるのに、 大切な人をなくすことに関連すると難...

記事を読む

そこに誰かがいること。

先日も少し書いたのですが、 大学生達と授業で話すと優しいなぁと感じま...

背景への思いやりを。

大切な人をなくし、 周囲とすれ違いが起こることがあります。 き...

魔法の言葉

魔法という表現を使うと、 なにやら怪しげにも思われそうですが。 ...

居場所というテーマ

古来からある占星術や数秘などでも、 ここからは居場所の時代と謳われて...

難しいを分解ね。

いのちの話は大事と言われるのに、 大切な人をなくすことに関連すると難...

→もっと見る

PAGE TOP ↑