*

蒼い故郷

Pocket

地球に生まれて、日本に生まれて、
その自覚がいつからか出来た頃から気付く。

 

故郷を愛するという想いがあること。

自分達の大切な人がいる、
その居場所であるという感覚に。

 

 

かつて1969年人類が初めて月に降り立ったとき、
多くの人が蒼い地球という星を見た。

 

美しさと壮大さや不思議さと共に、
人はそこにいる大切な人を想ったという。

 

 

感受性はあなたなのだと。

 

 

以前の記事で紹介させて頂いた、
茨木のり子さんの詩に❝水の星❞という作品がある。

 

「いのちの豊穣を抱えながら
どこかさびしげな水の星
極少の一分子でもある人間が
ゆえなくさびしいのもあたりまえで」
(水の星より 一部抜粋)

 

蒼い故郷を想うとき、
私達が真に願うことはどんなことだろう。

 

 

安全や安心を生み出し、
お互いの愛を表現し注ぐこと。

 

 

夜は更けて。

 

 

この故郷がいつまでも美しい星であり、

想いに満ちた居場所でありますように。

願いが調和していきますように。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

不器用の裏側

人は、不器用でいい。 今日、私に届いたフレーズ。  ...

記事を読む

優しさに触れ・・

心の奥にある気持ちとか、 思いがけぬ想いに触れると人は涙が出る。 ...

記事を読む

この言葉を。

言葉を使うようになって、 どのくらい経つだろう。 喃語といわれ...

記事を読む

ステイのスペース

行動を求める人がいっぱいだ。 心について語れるといい。 &...

記事を読む

100歳の遺言~本の紹介

副題がありまして、 ❝いのちから教育を考える❞   ...

記事を読む

新着記事

不器用の裏側

人は、不器用でいい。 今日、私に届いたフレーズ。  ...

記事を読む

優しさに触れ・・

心の奥にある気持ちとか、 思いがけぬ想いに触れると人は涙が出る。 ...

記事を読む

この言葉を。

言葉を使うようになって、 どのくらい経つだろう。 喃語といわれ...

記事を読む

ステイのスペース

行動を求める人がいっぱいだ。 心について語れるといい。 &...

記事を読む

100歳の遺言~本の紹介

副題がありまして、 ❝いのちから教育を考える❞   ...

記事を読む

不器用の裏側

人は、不器用でいい。 今日、私に届いたフレーズ。  ...

優しさに触れ・・

心の奥にある気持ちとか、 思いがけぬ想いに触れると人は涙が出る。 ...

この言葉を。

言葉を使うようになって、 どのくらい経つだろう。 喃語といわれ...

ステイのスペース

行動を求める人がいっぱいだ。 心について語れるといい。 &...

100歳の遺言~本の紹介

副題がありまして、 ❝いのちから教育を考える❞   ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑