*

若者の感性2

Pocket

たまたまなんとなく連動している気がしたので、
タイトルを続きのようにしました。

静岡大学での講義での私の学びです。

 

喪失とともに生きる―対話する死生学
今週は第3章
お産という現場からいのちを見つめていく章ですね。

 

学生のプレゼンでは、
分かりやすく言葉を変えて書きますが・・
“いのちは存在しただけで尊いというが、
やっぱり生きて経験したことがあってのことでは?”
皆さんはどう思いますか?でした。

このブログを読んでくださっている、
まだ死別を経験された方にはしんどい言葉かもしれません。
ごめんなさいね。

 

 

が、
世の大半はまだまだこの考えが多いことも、
きっと日常で実感されていますよね。

ここは若者だからでなく、大人達もです。

 

大事だから、記事にも書こうかなと思いました。

 

 

このプレゼンから、
“人の生の尊さとはなにか”という問いに発展していきます。

 

こうなると興味深い言葉に感じますね。

 

 

私たちはいのちは尊いと使いますが、
それを吟味して使っていることは少ないように感じます。

 

学生の意見にもハッとさせられるものが多かったです。

 

事実に人は価値をつけていくもの。

それも最良の意味づけをする。

いや、価値が大事に見えているがどうなんだろう。

事実と価値づけを、
器と中にいれる水に例えて説明してくれたり。
水だけあっても、器がないと溜まらないって。

価値じゃなくて、
いのちってどんな形でも特別に感じるのものなのではないか。

 

 

毎回ながら時間が足りないのが惜しいのですが、
なかなか興味深いディスカッションです。

 

 

私個人の意見としては、
生の価値といのちの存在と一緒にすると混乱するような・・

私もまた吟味していきたいところかな。

 

意味付けと価値の流れは、
私もこのとこ考えているのです。

 

学生は最後にレポートがあるけど、
私はないので・・ブログを書きながら自ら整頓中。

TS3U0253

TS3U0253

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

リフレクション

リフレクションという言葉は、 まだあまり馴染みのないものでしょうか。...

記事を読む

呑み込んでいるのは・・きっと。

難しいという受け取り方について、 2日間記事を書いて・・ &n...

記事を読む

理念ができました。

理念とは・・ 1、ある物事についての、 こうあるべきだという根本の...

記事を読む

今宵のここに。

嫌なことあると、 夜を飛ばしたくなりません?   ...

記事を読む

飾らぬ真心で日常を。

人は皆が素直に表現出来たら、 もっと人間関係がスムーズなのではないだ...

記事を読む

新着記事

2017年12月 Sound Souls 御感想

Sound Soulsに関しては、 いくつか御感想をUPしております...

記事を読む

翼に風を。

目に見えないけど、 人にも翼のようなものがあるのかもしれない。 ...

記事を読む

初めてのお正月

初めてのといっても、 お使い的な意味の初めてではありません。 ...

記事を読む

一年、十年・・

もう1年経ったのに・・ そんな言葉を紡がれる方もいらっしゃいます。 ...

記事を読む

そこに、生きるが・・

難しいと言われる話を書きました。 かと言って、 簡単にもされた...

記事を読む

2017年12月 Sound Souls 御感想

Sound Soulsに関しては、 いくつか御感想をUPしております...

翼に風を。

目に見えないけど、 人にも翼のようなものがあるのかもしれない。 ...

初めてのお正月

初めてのといっても、 お使い的な意味の初めてではありません。 ...

一年、十年・・

もう1年経ったのに・・ そんな言葉を紡がれる方もいらっしゃいます。 ...

そこに、生きるが・・

難しいと言われる話を書きました。 かと言って、 簡単にもされた...

→もっと見る

PAGE TOP ↑