*

第5次イヤイヤ期

Pocket

イヤイヤ期ってご存知ですか?
こどもの成長過程で使う言葉です。
反抗期とも言いますね。

 

第1次反抗期のことをイヤイヤ期と呼んでいます。

第1次反抗期は、
2歳くらいから始まり・・4歳くらいかな。

第2次反抗期は、
思春期~青年期の入り口辺り。

 

いずれも精神発達の過程で、
成熟に先立ち自我が強く意識されることを言います。
それが行動としては反抗と呼ばれる、
違うって自己主張なのですが。

いつから、何故反抗期とつけたんだろう。

これ大人からの呼び方だよね。
その時期の気持ちとしては、
表現の技を知らないから当然なだけ。

とても大事な自我の確立なのです。

 

 

で、やっと本題ね。
(小児科看護経験者としてつい正確に書きたくなる)

第2次の後も大人になる過程であるんじゃないかな。
いくつまであるかとかは分からないので、
5次は比喩なだけですが。

 

こっちが正しいとか、
こうした方がいいとか言われても、
自分は違うのにぃーってなる成長過程。
経験ありません?

今、渦中の方もいるだろうと思うのよ。

 

私も、ずっと反抗期しちゃってたな。

だけど本当はイヤイヤ言いたい訳じゃなかった。
それでも、何かが掴めなかっただけなんだ。

あと、イヤイヤの扱い方も知らなかった。

 

 

だだっこもかまってね。

 

 

そんな自分はダメだと思ってたし、
自分のことは好きになれないと思ってた。
もうかなり大人だから、余計にね。

否定しかしてなかったな。
自分のことも、人のことも。

それで余計にしんどくなっていた。

 

 

イヤイヤの神様

 

 

でもね、シンプルに感じてみれば・・
いろんな感情が湧いていた。

イヤイヤの神様は私に教えてくれていた。

 

私も自由に羽ばたく、
そう知っていることを。

サインは感じ取れているんだよって。

 

 

青空は遠くじゃなくて・・

ほら、もう空を飛んでるよって。

 

自分を感じる、
このプロセスをご一緒に。

2018年3月 Sound Souls ご感想

グリーフカウンセリングivyのHPはこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

光陰矢の如し

年齢を重ねると1年あっという間、 密度は濃くなるのでしょうが時間は早...

記事を読む

グレーゾーンとの付き合い方

といっても、 脱法とかのことではありません。 世の揉め事がいい...

記事を読む

ドラマでも、困難でも。

看護師の夜勤で、 人生の先輩と話すのは豊かな時間です。 ひとり...

記事を読む

怒りは二次感情だから。

感情にはいろいろな想いがあります。 怒りもそのうちのひとつと取られが...

記事を読む

正しさはどこに。

世の揉め事の多くは、 どちらが正当かみたいなこと。 どちらも言い分...

記事を読む

新着記事

光陰矢の如し

年齢を重ねると1年あっという間、 密度は濃くなるのでしょうが時間は早...

記事を読む

グレーゾーンとの付き合い方

といっても、 脱法とかのことではありません。 世の揉め事がいい...

記事を読む

ドラマでも、困難でも。

看護師の夜勤で、 人生の先輩と話すのは豊かな時間です。 ひとり...

記事を読む

怒りは二次感情だから。

感情にはいろいろな想いがあります。 怒りもそのうちのひとつと取られが...

記事を読む

正しさはどこに。

世の揉め事の多くは、 どちらが正当かみたいなこと。 どちらも言い分...

記事を読む

光陰矢の如し

年齢を重ねると1年あっという間、 密度は濃くなるのでしょうが時間は早...

グレーゾーンとの付き合い方

といっても、 脱法とかのことではありません。 世の揉め事がいい...

ドラマでも、困難でも。

看護師の夜勤で、 人生の先輩と話すのは豊かな時間です。 ひとり...

怒りは二次感情だから。

感情にはいろいろな想いがあります。 怒りもそのうちのひとつと取られが...

正しさはどこに。

世の揉め事の多くは、 どちらが正当かみたいなこと。 どちらも言い分...

→もっと見る

PAGE TOP ↑