竹之内先生との出会い | グリーフケアとはなんでしょう

*

竹之内先生との出会い

Pocket

先生とのご縁はものすごい偶然的、必然、引き合わせでした。

お仕事を始めたこの春、どうも静岡大学に死生学を話す先生がいるらしい。
そう聞いた。
どうしたらお会いできるのだろう?伝手もないしなぁ。
というか、お名前もはっきり分からないし。
そんなことを考えていた、6月。。

実は静岡大学には、もうひとり会いたい先生がいて
その先生のお名前は分かっていたので、その先生の名前があった
「哲学カフェ」に下心いっぱいで、出かけたのであった。

そこで、竹之内裕文先生に出会いました。

終ったあとの懇親会であまりお話しする席ではなく、
何故か帰りに少しお話ししたらふと気がついた。
も、もしや先生が農学部で死生学をやっているという。。?

「僕しかいないねぇ、その経歴の人さがしているなら」
と笑われた。
キタ!会っちゃった!そんなご縁でした。

そして、8月に講師のお願いをした際
私が遺族の周囲の方にも働きかけたい、
またそうなる前に伝えて行きたいと訴えた。

「大切だと思う、やりましょう。」そう言って下さった。

先生は19歳でお父様を亡くされてから、哲学を通していのちや生きるを考えてこられた。
現場は異なるが、私の話をよく理解して下さる。
勿論、助言が言うまでなく素晴らしい。

今は良き指導者であり、相談者であり、グリーフケアの仲間と私は勝手に思っている。

そして、
「浅原さん、本気だよね。向き合ってるよ。」
と泣きたくなる程嬉しいお褒めの言葉をくださるのですよ。

今度のセミナーも思うように集客が出来ない私に
「それは僕はいいんだけど、~とかどうかなぁ?」
と、もう未来の構想を考えてくれているすごい人物なのですよ。

そんな先生の講座をお楽しみに。
一番楽しみにしているのは、私かもしれないのですが。

TS3U0056

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2018年シリーズセミナー開講します。

2013年から毎年開講出来ています。 本当に有り難いことだなと感じま...

記事を読む

2018年8月 MYジャンクション

MYジャンクションは毎回豊かな色合いを感じる。 誰もがいのちの時...

記事を読む

不器用の裏側

人は、不器用でいい。 今日、私に届いたフレーズ。  ...

記事を読む

未来に繋がる組織とは。

このところ有難いことに、 企業の研修を依頼されます。 これは一...

記事を読む

2018年7月27日 グリーフケア~はじめの一歩

グリーフという概念を知って欲しい、 そんな想いで2013年から始めま...

記事を読む

新着記事

あっちとこっち、どちらも大事。

今年もお盆が過ぎていこうとしています。 暑さとどしゃぶりの中、 ご...

記事を読む

それぞれの理由

人にはそれぞれの理由があって・・ ここを正しいとか、 いいか悪いか...

記事を読む

自分の小さな「箱」から脱出する方法~本の紹介

ずっーと前に買ってから積読の山に置いてあった。 らく速(速読のひ...

記事を読む

こころの不自由さを育てる。

身動きとれないように感じる心。 こんなときは何に縛られているのか、 ...

記事を読む

過去が自分を創る。

こないだ過去のことを語る人が、 “そればっか言っていても・・先見てい...

記事を読む

あっちとこっち、どちらも大事。

今年もお盆が過ぎていこうとしています。 暑さとどしゃぶりの中、 ご...

それぞれの理由

人にはそれぞれの理由があって・・ ここを正しいとか、 いいか悪いか...

自分の小さな「箱」から脱出する方法~本の紹介

ずっーと前に買ってから積読の山に置いてあった。 らく速(速読のひ...

こころの不自由さを育てる。

身動きとれないように感じる心。 こんなときは何に縛られているのか、 ...

過去が自分を創る。

こないだ過去のことを語る人が、 “そればっか言っていても・・先見てい...

→もっと見る

PAGE TOP ↑