*

私達の先生は子どもたち!~本の紹介

Pocket

こどもっていいなぁ、
なんて思う大人は多いのかな?

素直で、楽しめて・・
なんといっても可愛らしく感じるもの。

しかし・・
御自身がこどもだったとき、
思いだしてみるといかがでしたか?

 

こどもはこどもなりに感じることがあり、
すべて表現しているわけでもありません。

 

 

この本の副題は、
❝こどもの悲嘆(グリーフ)をサポートする本❞
こう読むと専門書のようにも思えますが、
私達は普段からこどもの嘆きに向き合うことをしているでしょうか。

こども達はこども達なりの言語や表現があり、
グリーフを伝えてきます。

そのまま受け止めていきたいところですが・・

人の胸の痛みに向き合うことは、
自分の痛みも喚起されるものです。

つい慰めたり、気をそらそうとしたり、
励ましてしまったりしがちです。

 

 

兄弟ケア

兄弟ケア~大人になったあなたへ

 

 

兄弟ケアというフィールドが出来てきたように、
小さなときに痛みを抱えることを人は知っている。

痛みを消すことが望みではありません。
だって、それは大事な感情だから。

 

その表現をしてもいいよって、
伝えられる大人が増えていくことが望みです。

 

近年はこどものグリーフの本が増えてきました。

私がこの本を好きなのは、
挿絵がね・・体裁とかで選ばれてないことです。
こども達が表現した自由な絵にエネルギーを感じます。

私達大人も、
感じたことを自由に表現していきたいね。

私たちの先生は子どもたち!-子どものグリーフをサポートする本 (シリーズここからはじまる)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

2018年12月15日 グリーフケア~はじめの一歩

はじめの一歩って付けたのは、 大切な人をなくしたときの1歩の切なさを...

記事を読む

許すも、許さないも赦し。

怒りと許しは書くと言いつつ、 すっきり書ききれず。 あ・・ ...

記事を読む

大きなSと小さなs

こんなことって予測がつくようなら、 流れに逆らわずにきている方だろう...

記事を読む

2018 小児脳幹部グリオーマシンポジウム

難しい名前ですけど、 知って頂けるといいなと思います。 小児脳...

記事を読む

対話のチャンス

対話の機会が訪れるとしたら、 それは自分にとってのチャンスだと思う。...

記事を読む

新着記事

2018年12月15日 グリーフケア~はじめの一歩

はじめの一歩って付けたのは、 大切な人をなくしたときの1歩の切なさを...

記事を読む

許すも、許さないも赦し。

怒りと許しは書くと言いつつ、 すっきり書ききれず。 あ・・ ...

記事を読む

大きなSと小さなs

こんなことって予測がつくようなら、 流れに逆らわずにきている方だろう...

記事を読む

2018 小児脳幹部グリオーマシンポジウム

難しい名前ですけど、 知って頂けるといいなと思います。 小児脳...

記事を読む

2018年11月 MYジャンクション

御感想を頂き忘れてしまう、 このとこ参加される方の歩みも着々と。 ...

記事を読む

2018年12月15日 グリーフケア~はじめの一歩

はじめの一歩って付けたのは、 大切な人をなくしたときの1歩の切なさを...

許すも、許さないも赦し。

怒りと許しは書くと言いつつ、 すっきり書ききれず。 あ・・ ...

大きなSと小さなs

こんなことって予測がつくようなら、 流れに逆らわずにきている方だろう...

2018 小児脳幹部グリオーマシンポジウム

難しい名前ですけど、 知って頂けるといいなと思います。 小児脳...

2018年11月 MYジャンクション

御感想を頂き忘れてしまう、 このとこ参加される方の歩みも着々と。 ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑