*

私だけは違うだろうという考え方

Pocket

「大切ですね。」とか「グリーフケアの認知度が広がるといいですね。」
「苦しんでいる人を救ってあげて下さいね。」

とか、言って頂くことが増えた。
これは、純粋に嬉しい。

しかし、最近ひとつ心配していることがある。

「私もグリーフに陥るでしょうか?」とか
「陥らないためには、どうしたらいいですか?」
という類の質問は、滅多にない。

この違いは、主語。。
よく言って頂く方は、主語がどこかの誰かさんであって
自分や自分のお身内ではないという想定に基づいている。

多分気付いておられないのだろうと思う。
だから、仰る方は本心から私を応援して下さるのだと思う。

私の講座では、グリーフは皆さん抱えると思うというお話しをする。
が、しかし多くの場合
やはり特殊なことだとか人ごととして捉えられてしまうのだろう。

自分にも当てはまると思えば、先述のように
「気をつけること」を聞く方がでてくるはずだから。

11月の死生観のセミナーで、ある方が
「普段あまり考えないが、考えた方がいいのでしょうか?」
と考えておられた。
これは、この方が御自身のこととして捉えられたからだと思う。

看取る可能性のある関係の会社の社長さんが、
「以前は、死に対して腹をくくれなかった。
 腹をくくれて、自分のこととして考えられるようになったから
 今の仕事が出来ている。」
とお話し下さった。

きっと、こういう自分のこととしての受け止め方がいいのではないだろうか。

あまり脅すのは嫌なので、貴方もなるかもしれませんよとは言いたくない。。

でも、どうしたら人ごとでないみんなのことと受け止めて頂けるかを
考えていかないと支え合うことは困難なままでしょうねぇ。

って考えてたら、シンデレラタイムを超えちゃった。
昨日の更新分なのに。。とほほ。。

TS3U0309

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

出逢いを縁る。

今日書くことは・・ 喪失とともに生きるのあとがきに書こうとして、 ...

記事を読む

いつでも会える~本の紹介

かなり前に頂いた絵本で、 そのときはまだグリーフケアって知らなかった...

記事を読む

愛着の絆

大切な人をなくして感じる痛みは、 愛着に関与しています。 この...

記事を読む

見つける扉はどこにあるか?

大切な人がいない世界をここから、 まだ生きていく・・そう思ったとき・...

記事を読む

2017年11月19日グリーフケア~はじめの一歩

グリーフケア~はじめの一歩は、 2013年から定期的に行っている入門...

記事を読む

新着記事

2017年10月 Sound Soulsご感想2

新しく取り入れております。 ご感想が予想通りに、 興味深いのでシェ...

記事を読む

出逢いを縁る。

今日書くことは・・ 喪失とともに生きるのあとがきに書こうとして、 ...

記事を読む

2mmのカーブ

正確には2mmずれた曲線のカーブのよう、 という話をしたのですが長い...

記事を読む

いつでも会える~本の紹介

かなり前に頂いた絵本で、 そのときはまだグリーフケアって知らなかった...

記事を読む

愛着の絆

大切な人をなくして感じる痛みは、 愛着に関与しています。 この...

記事を読む

2017年10月 Sound Soulsご感想2

新しく取り入れております。 ご感想が予想通りに、 興味深いのでシェ...

出逢いを縁る。

今日書くことは・・ 喪失とともに生きるのあとがきに書こうとして、 ...

2mmのカーブ

正確には2mmずれた曲線のカーブのよう、 という話をしたのですが長い...

いつでも会える~本の紹介

かなり前に頂いた絵本で、 そのときはまだグリーフケアって知らなかった...

愛着の絆

大切な人をなくして感じる痛みは、 愛着に関与しています。 この...

→もっと見る

PAGE TOP ↑