*

神様の神様

Pocket

どうにも諦めきれないのは、
死というより別れだと思うのです。

以前読んだ本の受け売りですが・・

 

私達は誰もが死の存在を知っています。
けれど日常の延長であることを、
どうにも受け入れ難く感じています。

 

いのちは有限であることを、
どこか遠くにおきたくなる。

 

 

三人称の視点

 

 

大切な人とお別れをしたとき、
人は心の絆まで切れたように感じます。

 

こころの安全基地が揺らぎます。

 

故に“再構成”という心の作業が、
必要になると言われています。

再構成をしていくうち、
大切な人の位置づけができます。

 

 

出逢うこと、別れること。

 

 

小さな小さな赤ちゃんとお別れをして、
ivyにいらしていたママが卒業となりました。

 

「哀しいけど、忘れないって想えたから。」

「大変だったけど、それで今があるんだなあ。」

「あのこが神様みたいになってきて、
見守っていてねって思わずお願いしちゃう。」

 

少し涙ぐみながら、
そして優しく微笑みながら、
そんなお話しをしてくださいました。

 

そう・・
位置づけも様々な形があります。

 

お守りみたいな存在

 

お手本のように指針になること

 

祈りを捧げる対象になったりもします。

 

先に生き抜いた人は、
神様の中の1番の神様のようになっていく。

 

 

お互いの愛、故にね・・

ここからもずっと胸に。

グリーフカウンセリングivyのHPはこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

許すも、許さないも赦し。

怒りと許しは書くと言いつつ、 すっきり書ききれず。 あ・・ ...

記事を読む

言葉に出来ないとき。

「分かった気がするっ」 今日新しくいらした方が急に勢いよく、 こう...

記事を読む

ivy3号が生まれました☆

ivyには小さなおこさんと、 早いお別れをされて来る方もいらっしゃい...

記事を読む

何もしない情熱

「あー、私・・ 何かしなくちゃ・・そう思っていたかも。」 &n...

記事を読む

アイデンティティとラベル

アイデンティティというと、 言葉を難しく感じる方もいらっしゃいます。...

記事を読む

新着記事

怒りは二次感情だから。

感情にはいろいろな想いがあります。 怒りもそのうちのひとつと取られが...

記事を読む

正しさはどこに。

世の揉め事の多くは、 どちらが正当かみたいなこと。 どちらも言い分...

記事を読む

それに気付くには。

自己の認知のことを書いたりしますが、 自分の感覚って案外気付かないも...

記事を読む

2018年 カンボジア報告会 ご感想vol.2

カンボジアへ行った報告会、 第2回目のご感想です。 1回目はこ...

記事を読む

2018年 カンボジア報告会ご感想vol.1

今年は国際医療支援の現場、 カンボジアの小児病棟にて、 グリーフカ...

記事を読む

怒りは二次感情だから。

感情にはいろいろな想いがあります。 怒りもそのうちのひとつと取られが...

正しさはどこに。

世の揉め事の多くは、 どちらが正当かみたいなこと。 どちらも言い分...

それに気付くには。

自己の認知のことを書いたりしますが、 自分の感覚って案外気付かないも...

2018年 カンボジア報告会 ご感想vol.2

カンボジアへ行った報告会、 第2回目のご感想です。 1回目はこ...

2018年 カンボジア報告会ご感想vol.1

今年は国際医療支援の現場、 カンボジアの小児病棟にて、 グリーフカ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑