看取りケア~合宿セミナー | グリーフケアとはなんでしょう

*

看取りケア~合宿セミナー

Pocket

看取りのこころを育てるをテーマに、
医療・介護職向けに合宿形式のワークショップをしようと思います。

 

ずっと前から考えていて。。
人を医療者が看取ることが多い時代になりました。

❝いい看取り❞という言葉がありますが。
実は何がいい看取りなのか、定義がありません。

「喪失とともに生きる」でも書きましが、
私も看護師時代ずっと追い求めていました。
“いい看取り”ってどんなだろうって。
でも、それが何か分からず探していた。

だからあの頃は、
すごく苦しかったと今は分かりました。

 

例えあったとして、
それに条件を当てはめること。。
出来るだろうか?
人の生死にパターンなんてないのだから。
 

 

看取りは、
最期の時間やそこまでの病状の経過が重要視されますが。。
ご家族からのお話しを伺っていると、
ご本人とご家族は基より医療スタッフの関わりがどうあったかが
大きなポイントになってきています。

本来ならここを支えたのは家族でした。
現代では多くの場合、医療者になりつつあります。
(このあたりは、「喪失とともに生きる」を読んでください。)
ご家族で看取る経験がほとんどないのです。

 

 

でも実は。。
医療者も看取りという特化した教育はまだまだです。
一般の方に話すと驚かれますが。。

 

現場に入ってから、初めて経験する。
自分で振り返る、次に繋げる。

でも、なにを考えたらいいのか分からない。
先輩に相談する、先輩も不安なまま答える。

業務は教えてもらえる、こころは彷徨う。
スタッフもグリーフを抱えたまま、また看取りの現場に立つ。

これが未だ現実だと思われます。

 

看取りケア~医療・介護者向け相談室

看取りケア~もうひとつの理由

 

だからね、
一緒に考えていきたいなって思います。

日々の看取りと、自分のケアを。
優しいまなざしで、その場に佇むことができるように。
 

病院で研修がある場合もあるでしょう。
(きっとほとんどないけど。。)
でも病院内では、口に出せない想いもあるんです。

 

職場を離れて、
看取りを見つめる仲間と話してみませんか。

あのね、ここの短い文章だけで語りきれなくて。。

伝わると嬉しいな。

大切な人の最期の時間が、
せめて少しでも穏やかであるといいなと思って。

そこに心から寄り添えるようにと思って。
 

2016年6月5日~6日です。
詳細は、HPからお問い合わせください。

看取りケアのページはこちらから。

 

看取りケアtitle

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あっちとこっち、どちらも大事。

今年もお盆が過ぎていこうとしています。 暑さとどしゃぶりの中、 ご...

記事を読む

それぞれの理由

人にはそれぞれの理由があって・・ ここを正しいとか、 いいか悪いか...

記事を読む

自分の小さな「箱」から脱出する方法~本の紹介

ずっーと前に買ってから積読の山に置いてあった。 らく速(速読のひ...

記事を読む

こころの不自由さを育てる。

身動きとれないように感じる心。 こんなときは何に縛られているのか、 ...

記事を読む

過去が自分を創る。

こないだ過去のことを語る人が、 “そればっか言っていても・・先見てい...

記事を読む

新着記事

2018年9月 MYジャンクション

お知らせをすっかり忘れていた8月で、 反省しながらの記事の更新です。...

記事を読む

あっちとこっち、どちらも大事。

今年もお盆が過ぎていこうとしています。 暑さとどしゃぶりの中、 ご...

記事を読む

それぞれの理由

人にはそれぞれの理由があって・・ ここを正しいとか、 いいか悪いか...

記事を読む

自分の小さな「箱」から脱出する方法~本の紹介

ずっーと前に買ってから積読の山に置いてあった。 らく速(速読のひ...

記事を読む

こころの不自由さを育てる。

身動きとれないように感じる心。 こんなときは何に縛られているのか、 ...

記事を読む

2018年9月 MYジャンクション

お知らせをすっかり忘れていた8月で、 反省しながらの記事の更新です。...

あっちとこっち、どちらも大事。

今年もお盆が過ぎていこうとしています。 暑さとどしゃぶりの中、 ご...

それぞれの理由

人にはそれぞれの理由があって・・ ここを正しいとか、 いいか悪いか...

自分の小さな「箱」から脱出する方法~本の紹介

ずっーと前に買ってから積読の山に置いてあった。 らく速(速読のひ...

こころの不自由さを育てる。

身動きとれないように感じる心。 こんなときは何に縛られているのか、 ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑