*

現実のまにまに。

Pocket

波~というのを思いついたけど、
まにまにをつけたら演歌の名曲の出だしだった。

それより現実の方がフィットするなと。

 

 

何しろ・・
喪失ってのが他人事のときは知らなかったこと。

頭や理性で分かっていること、
人間ってここが厄介なんです。

 

 

ただ悲しいかと思ったら、
いろんな波がやってくる。

 

「こんなだと思わなかった。」

このフレーズはとても多いのです。

 

喪失とともに生きる―対話する死生学で、
私が取り上げた語りにもありましたね。

 

「こういうのって弱い人が陥ることかと思ってた。」
(そうじゃないと分かったって続くけど、
この先は是非読んでください。)

 

 

様々な感情の波が襲ってくる。
これまで体験したことないから、
波乗りの仕方も避け方も分からない。

 

とかく、闘ってみたり・・

感じない振りをしてみたり・・

何か新しいことをしてみたり、
考え付く選択肢をやってみたりする。

 

 

 

ほとんどの人がやってみないことは、
現実の流れをそのまま受け止めてみること。

まにまに、漂ってみること。

 

 

これはきっと怖い。

 

漂流みたいで、先も見えない。

どのくらいの時間かもわからない。

 

温かい光があれば。

 

灯台のように、
光が見えたらいいのにね。

 

 

どうも・・
その光は痛みが通り道らしい。

 

感じるにはまだ気力が足りない、
そんな方もいらっしゃるかな。

無理に行動しなくてもいい。

その分本気で漂ってみる。

 

 

そうすると、感じるものがあると思う。

 

砂漠では月

 

欠けている月は本当は丸い。

曇りの空にも星は瞬いている。

見えていないものが自分にはある。

 

孤独だと心から思うとき、
手を伸ばしてくれている人は実はいるんだ。

歩む道も、まだある。

 

そんな現実に気付くから。

 

 

現実のまにまに感じる。

案外この世界は自分に優しい。

光は遠くから注いでいる。

 

ここから、
切り口を変えていけること。

 

そんなことを知ってる自分に気付くから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2018年8月 MYジャンクション

MYジャンクションは毎回豊かな色合いを感じる。 誰もがいのちの時...

記事を読む

不器用の裏側

人は、不器用でいい。 今日、私に届いたフレーズ。  ...

記事を読む

優しさに触れ・・

心の奥にある気持ちとか、 思いがけぬ想いに触れると人は涙が出る。 ...

記事を読む

この言葉を。

言葉を使うようになって、 どのくらい経つだろう。 喃語といわれ...

記事を読む

ステイのスペース

行動を求める人がいっぱいだ。 心について語れるといい。 &...

記事を読む

新着記事

2018年8月 MYジャンクション

MYジャンクションは毎回豊かな色合いを感じる。 誰もがいのちの時...

記事を読む

不器用の裏側

人は、不器用でいい。 今日、私に届いたフレーズ。  ...

記事を読む

優しさに触れ・・

心の奥にある気持ちとか、 思いがけぬ想いに触れると人は涙が出る。 ...

記事を読む

この言葉を。

言葉を使うようになって、 どのくらい経つだろう。 喃語といわれ...

記事を読む

ステイのスペース

行動を求める人がいっぱいだ。 心について語れるといい。 &...

記事を読む

2018年8月 MYジャンクション

MYジャンクションは毎回豊かな色合いを感じる。 誰もがいのちの時...

不器用の裏側

人は、不器用でいい。 今日、私に届いたフレーズ。  ...

優しさに触れ・・

心の奥にある気持ちとか、 思いがけぬ想いに触れると人は涙が出る。 ...

この言葉を。

言葉を使うようになって、 どのくらい経つだろう。 喃語といわれ...

ステイのスペース

行動を求める人がいっぱいだ。 心について語れるといい。 &...

→もっと見る

PAGE TOP ↑