*

点が線に重なる。

Pocket

ひとつひとつのことが繋がっていく、
点を線にという表現ははよく聞く言葉ですね。

前に私も書いているかな。

 

スティーブ・ジョブズぅぅ。。

 

このところ感覚が変わったのは、
点の間に線が引かれるだけではないということ。

 

 

上の記事の頃に書いた、
信じることに繋がることかなと。

 

点を打っていけば、
線が結ばれるのだと信じていくのはしんどい。

だって、いつか・・なんだもの。

 

見えない未来は可能性にも満ちていながら、
ときにしんどさも与えてくれる。

 

 

それが必要なことだとしても、
見えないことは不安にも転換することがある。

 

 

生き重ねていくの。

 

 

このところしていることは、
点をただ打つということ。

気が付いたのは、
線がまだなくとも生きている自分。

 

 

そして・・
点のひとつひとつを細やかに置いていくだけで、
それは線のようにも在るということ。

 

 

このいっときを。

 

 

人には今この一瞬しか生きることはできない。

このいっときに笑い、涙を堪え、
胸の想いを抱えながら。

このいっときを大事に、

ただ点を打つ。

それは点が線に重なるようだ。

私が見てこなかった線が既にある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

不器用の裏側

人は、不器用でいい。 今日、私に届いたフレーズ。  ...

記事を読む

優しさに触れ・・

心の奥にある気持ちとか、 思いがけぬ想いに触れると人は涙が出る。 ...

記事を読む

この言葉を。

言葉を使うようになって、 どのくらい経つだろう。 喃語といわれ...

記事を読む

ステイのスペース

行動を求める人がいっぱいだ。 心について語れるといい。 &...

記事を読む

100歳の遺言~本の紹介

副題がありまして、 ❝いのちから教育を考える❞   ...

記事を読む

新着記事

不器用の裏側

人は、不器用でいい。 今日、私に届いたフレーズ。  ...

記事を読む

優しさに触れ・・

心の奥にある気持ちとか、 思いがけぬ想いに触れると人は涙が出る。 ...

記事を読む

この言葉を。

言葉を使うようになって、 どのくらい経つだろう。 喃語といわれ...

記事を読む

ステイのスペース

行動を求める人がいっぱいだ。 心について語れるといい。 &...

記事を読む

100歳の遺言~本の紹介

副題がありまして、 ❝いのちから教育を考える❞   ...

記事を読む

不器用の裏側

人は、不器用でいい。 今日、私に届いたフレーズ。  ...

優しさに触れ・・

心の奥にある気持ちとか、 思いがけぬ想いに触れると人は涙が出る。 ...

この言葉を。

言葉を使うようになって、 どのくらい経つだろう。 喃語といわれ...

ステイのスペース

行動を求める人がいっぱいだ。 心について語れるといい。 &...

100歳の遺言~本の紹介

副題がありまして、 ❝いのちから教育を考える❞   ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑