*

深淵にある可能性

Pocket

深淵というと、
なんだか怖くなる人がいるのかもしれない。

そういう私もどこまでが深淵か、
未だ分からなくなることもある。

 

深淵とは、
深いふち。深潭(しんたん)。
奥深く、底知れないこと。「孤独の深淵に沈吟する」
(大辞林より)

 

とあり、
底知れぬことらしいので分からないのもアリか・・
などと自分を労わってみたりする。

 

 

人生の岐路や大切な人をなくすとき、
私達は心の奥を覗くという心の作業をする。

それはこれまで経験がないと思う程、
痛みを伴う作業に感じることがある。

 

なぜ生きているのか、
どうして生まれてきたのかのように、
人が有史以来抱えてきた問いに関わるからだ。

 

死すべき定め~本の紹介

 

そして自分のいのちと人生にも向き合うことになる。

ivyにみえる方にも「正解を知りたい」と言われるが、
私にもそこは正解があるかは分からない。

私が感じて、信じているのは、
そこには可能性があるということだ。

すぐ元気になるということとも少し違う。

いのちと生きる力にある可能性ということ。

 

選択という可能性。

 

きっといのちの深淵は私達が恐れるより優しい。

まだ知らないだけなのだと思うの。

選べるということも可能性、
見えていない選択肢があるということに気付いて欲しい。

ひとりでは怖いときは誰かに手を伸ばしてね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

グレーゾーンとの付き合い方

といっても、 脱法とかのことではありません。 世の揉め事がいい...

記事を読む

ドラマでも、困難でも。

看護師の夜勤で、 人生の先輩と話すのは豊かな時間です。 ひとり...

記事を読む

怒りは二次感情だから。

感情にはいろいろな想いがあります。 怒りもそのうちのひとつと取られが...

記事を読む

正しさはどこに。

世の揉め事の多くは、 どちらが正当かみたいなこと。 どちらも言い分...

記事を読む

それに気付くには。

自己の認知のことを書いたりしますが、 自分の感覚って案外気付かないも...

記事を読む

新着記事

グレーゾーンとの付き合い方

といっても、 脱法とかのことではありません。 世の揉め事がいい...

記事を読む

ドラマでも、困難でも。

看護師の夜勤で、 人生の先輩と話すのは豊かな時間です。 ひとり...

記事を読む

怒りは二次感情だから。

感情にはいろいろな想いがあります。 怒りもそのうちのひとつと取られが...

記事を読む

正しさはどこに。

世の揉め事の多くは、 どちらが正当かみたいなこと。 どちらも言い分...

記事を読む

それに気付くには。

自己の認知のことを書いたりしますが、 自分の感覚って案外気付かないも...

記事を読む

グレーゾーンとの付き合い方

といっても、 脱法とかのことではありません。 世の揉め事がいい...

ドラマでも、困難でも。

看護師の夜勤で、 人生の先輩と話すのは豊かな時間です。 ひとり...

怒りは二次感情だから。

感情にはいろいろな想いがあります。 怒りもそのうちのひとつと取られが...

正しさはどこに。

世の揉め事の多くは、 どちらが正当かみたいなこと。 どちらも言い分...

それに気付くには。

自己の認知のことを書いたりしますが、 自分の感覚って案外気付かないも...

→もっと見る

PAGE TOP ↑