*

死生観を育む。

Pocket

静岡大学でやっている学際科目で、
「喪失とともに生きる~対話する死生学」

そう・・
喪失とともに生きる―対話する死生学が、
教科書となっております。

 

学生向けの本ではありません。
一般の方も読めるものをと作りました。
が、
学生たちは素晴らしい感性を表してくれます。

以前の少し書いたことがあります。

 

 

満ちて、満ちる。

 

 

上の記事などは、
瑞々しい感性が授業中によく現れています。
大人の皆様にも是非ご一読頂きたい。

 

今週は第4章を扱いました。
そこで出てきたテーマは、
❝老い❞と❝死生観❞です。

 

 

❝死生観を育むこと❞

 

 

この観点っていいなぁと思います。

案外大人に話すと、
「難しいねぇ・・」「よく分からない」
そんな返答を頂きます。

学生の方が柔軟さがあるのかな?
まだ遠いという感覚ゆえに、
自分の痛みが走らないこともあるかもしれません。

 

 

今日の中でいいなぁと思った発言は、
「いつも映画や本をぼやっと見ている。
視点を持ったら気付くのではないか。

この授業のように。」

「既に持っていて、
受け止め直していくのでは。」

「細やかにみていくことが適応なのでは。」

こんな類のことです。
若いから分からないとか、遠いでもない。
自分のこととして捉えようという気持ちがあるね。

でね、最後の方で出た意見。

「それができるように、今出来ることを、
今の自分に見合ったことをする。」

まさに死生観を育んでくれているなぁと。
私はじーんとしました。

 

 

天の神様のいうとおり。。

 

今ある等身大の自分で、育んでいく。

受け取ったそのいのちに、
呼応できる自分へと適応していく。

出逢いと人に助けられ、
人はいつまでも成長するものです。

ここからの君たちにエールを送ります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

翼に風を。

目に見えないけど、 人にも翼のようなものがあるのかもしれない。 ...

記事を読む

初めてのお正月

初めてのといっても、 お使い的な意味の初めてではありません。 ...

記事を読む

一年、十年・・

もう1年経ったのに・・ そんな言葉を紡がれる方もいらっしゃいます。 ...

記事を読む

そこに、生きるが・・

難しいと言われる話を書きました。 かと言って、 簡単にもされた...

記事を読む

守秘義務のこと。

そういえば、 これまで特段書いたことなかったのです。 聞かれた...

記事を読む

新着記事

2017年12月 Sound Souls 御感想

Sound Soulsに関しては、 いくつか御感想をUPしております...

記事を読む

翼に風を。

目に見えないけど、 人にも翼のようなものがあるのかもしれない。 ...

記事を読む

初めてのお正月

初めてのといっても、 お使い的な意味の初めてではありません。 ...

記事を読む

一年、十年・・

もう1年経ったのに・・ そんな言葉を紡がれる方もいらっしゃいます。 ...

記事を読む

そこに、生きるが・・

難しいと言われる話を書きました。 かと言って、 簡単にもされた...

記事を読む

2017年12月 Sound Souls 御感想

Sound Soulsに関しては、 いくつか御感想をUPしております...

翼に風を。

目に見えないけど、 人にも翼のようなものがあるのかもしれない。 ...

初めてのお正月

初めてのといっても、 お使い的な意味の初めてではありません。 ...

一年、十年・・

もう1年経ったのに・・ そんな言葉を紡がれる方もいらっしゃいます。 ...

そこに、生きるが・・

難しいと言われる話を書きました。 かと言って、 簡単にもされた...

→もっと見る

PAGE TOP ↑