*

死を見つめる心~本の紹介

Pocket

死生観を語るには、二つの立場がある。。そう書いたこの方は、
もう40年も前に生きた方です。

 

私が知ったきっかけは、グリーフカウンセラーの試験のレポートを書いていた頃
島薗進先生の講義でした。

日本人の死生観を読む

それから、未だに愛読書です。
人が「生きる」ことに向かうことを表現した時の言葉は、
この何十年経っても色褪せず、ここまで鮮やかに切り込んでくるのだと
改めて知った一冊です。

 

私は本文もさることながら、エピローグの下記の文章に惚れこんでます。

 

『もっと切実な切迫したもう一つの立場がある。
それは、自分自身の心が生命飢餓状態におかれている場合の生死観である。
腹の底から突き上げてくるような生命に対する執着や、
心臓を凍らせてしまうかと思われる死の脅威におびやかされて、
いてもたってもいられない状態におかれた場合の生死観である。』
(P,11-12から引用)

 

うん、そうなんだよね。このころはまだなかった日本語であろう❝グリーフ❞。。

こういうことなんだろうと。

だから。。人は苦しくても考えるんだ。いのちへの渇望感なんだって、思ったんです。

 

 

先日は、T教授とある企画のことで
反論するときにただ❝嫌だ❞ってのを言いたかったのだが、
自分だけでは理論的な面では勝てないので。。(笑)
この部分を引用して、ケンカを売った私でありました。。

 

 

そのくらい、お勧め本です。

あぁ、もっと素敵な言葉で表現できたらと思うけど。
私がいろいろ言うより、読むほうがいいに決まってますから。

人生を見つめる基点に、今立っているあなたへ。

TS3U0246

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼LINE友だち追加▼

LINE友達追加

※メルマガが廃止となり、LINE@へ移行致しました。


関連記事

勝ち負けなしで。

人生の問いに勝ち負けはなし。 人生には終わりがある訳で、 それ...

記事を読む

知らないを扱う心

人は知らないことがいっぱいある。 これが事実なのだけど、 “知らな...

記事を読む

ミッション・セッション7

幻想に囚われるとしんどくなる。 だって現実じゃないから。 &n...

記事を読む

ミッション・セッション6

隠している自分の中に魅力も隠しちゃう・・ 私もそうやって生きてきちゃ...

記事を読む

ミッション・セッション5

帰属・・ このセッションは別の意味で最高だったのだけど、 私の...

記事を読む

新着記事

勝ち負けなしで。

人生の問いに勝ち負けはなし。 人生には終わりがある訳で、 それ...

記事を読む

知らないを扱う心

人は知らないことがいっぱいある。 これが事実なのだけど、 “知らな...

記事を読む

ミッション・セッション7

幻想に囚われるとしんどくなる。 だって現実じゃないから。 &n...

記事を読む

ミッション・セッション6

隠している自分の中に魅力も隠しちゃう・・ 私もそうやって生きてきちゃ...

記事を読む

ミッション・セッション5

帰属・・ このセッションは別の意味で最高だったのだけど、 私の...

記事を読む

勝ち負けなしで。

人生の問いに勝ち負けはなし。 人生には終わりがある訳で、 それ...

知らないを扱う心

人は知らないことがいっぱいある。 これが事実なのだけど、 “知らな...

ミッション・セッション7

幻想に囚われるとしんどくなる。 だって現実じゃないから。 &n...

ミッション・セッション6

隠している自分の中に魅力も隠しちゃう・・ 私もそうやって生きてきちゃ...

ミッション・セッション5

帰属・・ このセッションは別の意味で最高だったのだけど、 私の...

→もっと見る

PAGE TOP ↑