*

橋を架ける人

Pocket

ヘアドネーションをしました。

 

ヘアドネーション♪

 

髪を寄付しただけですが、
いろいろ気が付いたことがありました。

今日の記事は、
そのうちのひとつです。

 

 

髪を提供したのは私ですが、
その髪をドネーションできるよう切ってくれるのは美容師さん。

そしてカツラにしてくれる団体に送ってくれる。
送料は美容室が負担してくれるのです。
カツラを作ってくれる人、
届けられるような手続きをしてくれる人。

ドナー側だけでもたくさんの人に、
私の髪は手渡されていきます。
きっと患児側にも繋いでくれる方が、
たくさんいることと予測されます。

 

 

私の髪を切ってくれた美容師さんに、
なにゆえに協力しようと思ったのですか?
と聞いてみたのです。

「静岡に戻ってくる前に働いていた美容室で、
先輩にこんな話をされたんです。」

とこんな話をしてくださいました。

 

“君はどんな美容師になりたい?”

“俺はね、
アフリカとかまだ交通とか整ってない国で、
こども達が何日も掛けて歩いて学校にきたりする。
橋がなくて川を渡れなかったりする。
俺はそういうところに橋を架けられるような美容師になりたい”

そう話されたのだそうです。

 

「その話を聞いたとき、
何故だかグッときたんですよ・・

でドネーションのことは知っていたので、
自分にも出来ることだからやろうと。」

私もグッと胸に熱いものが込み上げました。

 

 

懸け橋という言葉があります。
比喩的に使われることが多いですね。
(因みに“架橋”と書く場合は、橋のことらしい。)

 

比喩的に使われる場合は、
なにかとなにかを繋ぐ役割を果たすものという意味です。

世の中になにかを必要としている人はたくさんいます。
世界にはモノもコトもたくさんあります。

でも必要なところに必要なモノがなかったり、
まだまだ届いていなかったりします。

これを繋ぐのは人です。
繋ぐ役割を果たすのは、
そこにある人の想いなのですよね。

この想いのひとつは小さく見えても、
ひとりひとりが橋を作る人になっていけば・・
願いは届くし、現実は創られていくのだと信じています。

橋を架けるのは人。

橋を架ける人でいる。

想いを胸に刻んで、
ここからまた軽くなった頭で考えていこうと思います。

誰もがいのちの輝きを存分に発揮して、
自分の人生を生き抜くように。

そんなお互いの想いを、
お互いが大事にしていけるように。

グリーフカウンセリングivyのHPはこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

喧嘩したって大事な人。

大切な人というのがivyのキーワードなのですが、 どうも誤解もあるな...

記事を読む

2019年5月 グリーフケア~はじめの一歩 ご感想

グリーフの入門編として開催しているセミナーです。 2019年5月...

記事を読む

それは源泉ゆえ。

グリーフもインナーチャイルドも、 心の傷のような湾曲した訳をされるこ...

記事を読む

2019年6月30日 グリーフケア~はじめの一歩

グリーフの入門編に位置付けている講座です。 定期的と言いながら不定期...

記事を読む

心と精神との見つめ合い。

区別することってないのではないでしょうか? 特に日常ではね。 ...

記事を読む

新着記事

喧嘩したって大事な人。

大切な人というのがivyのキーワードなのですが、 どうも誤解もあるな...

記事を読む

2019年5月 グリーフケア~はじめの一歩 ご感想

グリーフの入門編として開催しているセミナーです。 2019年5月...

記事を読む

それは源泉ゆえ。

グリーフもインナーチャイルドも、 心の傷のような湾曲した訳をされるこ...

記事を読む

2019年6月30日 グリーフケア~はじめの一歩

グリーフの入門編に位置付けている講座です。 定期的と言いながら不定期...

記事を読む

心と精神との見つめ合い。

区別することってないのではないでしょうか? 特に日常ではね。 ...

記事を読む

喧嘩したって大事な人。

大切な人というのがivyのキーワードなのですが、 どうも誤解もあるな...

2019年5月 グリーフケア~はじめの一歩 ご感想

グリーフの入門編として開催しているセミナーです。 2019年5月...

それは源泉ゆえ。

グリーフもインナーチャイルドも、 心の傷のような湾曲した訳をされるこ...

2019年6月30日 グリーフケア~はじめの一歩

グリーフの入門編に位置付けている講座です。 定期的と言いながら不定期...

心と精神との見つめ合い。

区別することってないのではないでしょうか? 特に日常ではね。 ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑