*

根が先、芽は後から。

Pocket

芽が出ることに人は気持ちを取られがち。

言い方を変えれば、
成長や可能性を感じたいということだろう。

 

だが生物として考えてみると、
いかに人が利己的かがよくわかる。

 

多くの植物は根が先にでる。

冷静に考えてみれば、
種が水や養分を吸って芽を出す。

そうだよねぇ・・と納得できる。

 

 

これが人の問題や心の育ち方となると、
根っこを見ずに何とか目を早く出したくなる。

なかなかじっくり待つことはしんどいものね。

自然に則さない願いを持つというわけ。

 

 

種の設計図

 

 

不自然を望む理由は、
個々それぞれ違うのだろうとは思う。

共通する理由のひとつはここかな。

 

根っこというのは眼には見えにくい。
だから根を張ってきていることは、
どれだけ想像力を働かせるかにかかる。

根が張らないかもしれない心配や、
芽が出ないかもしれないという恐れにまみれてしまう。

 

 

芽が出る楽しみより、
自分の恐れに囚われがちになるだろう。

 

 

見えていない事情

 

 

囚われているのは、
自分に見えている事情だけだと気付くといい。

 

成長には過程があり、
なによりそのプロセスが大事。

種が根を張り、芽を出す過程には、
外的な要素が重要なのだ。

 

外側から水を吸い、
陽の光を浴びて自分の力を伸ばしていく。
ときに養分を吸いあげたり、
土の変化に身を委ねて適応していく。

 

人も同じだ。

 

周りの人に育てられ、
最初は自分の頑張りだと思う。

そこに込められた想いやご縁に気付くとき、
心からの感謝とは何かを知る。

そこから、真の発芽が始まっていく。

 

人に関わってもらったことを気付いたら、
その成長は健やかだろう。

是非、自分の根っこも見つめてみて欲しい。

心配せずとも大丈夫、
ここまでどれだけの人に関わってもらったか。

もう気付かれたことでしょう。

根が先、芽は後から出るのだから。

セミナー情報はこちらから

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

愛しさを注ぐ先

愛しいという言葉には、 可愛らしいという意味もありますが・・ 心が...

記事を読む

2018年12月 はじめの一歩 ご感想

いらした方が「本読みました。」と、 喪失とともに生きる―対話する死生...

記事を読む

光陰矢の如し

年齢を重ねると1年あっという間、 密度は濃くなるのでしょうが時間は早...

記事を読む

グレーゾーンとの付き合い方

といっても、 脱法とかのことではありません。 世の揉め事がいい...

記事を読む

ドラマでも、困難でも。

看護師の夜勤で、 人生の先輩と話すのは豊かな時間です。 ひとり...

記事を読む

新着記事

愛しさを注ぐ先

愛しいという言葉には、 可愛らしいという意味もありますが・・ 心が...

記事を読む

2018年12月 はじめの一歩 ご感想

いらした方が「本読みました。」と、 喪失とともに生きる―対話する死生...

記事を読む

光陰矢の如し

年齢を重ねると1年あっという間、 密度は濃くなるのでしょうが時間は早...

記事を読む

グレーゾーンとの付き合い方

といっても、 脱法とかのことではありません。 世の揉め事がいい...

記事を読む

ドラマでも、困難でも。

看護師の夜勤で、 人生の先輩と話すのは豊かな時間です。 ひとり...

記事を読む

愛しさを注ぐ先

愛しいという言葉には、 可愛らしいという意味もありますが・・ 心が...

2018年12月 はじめの一歩 ご感想

いらした方が「本読みました。」と、 喪失とともに生きる―対話する死生...

光陰矢の如し

年齢を重ねると1年あっという間、 密度は濃くなるのでしょうが時間は早...

グレーゾーンとの付き合い方

といっても、 脱法とかのことではありません。 世の揉め事がいい...

ドラマでも、困難でも。

看護師の夜勤で、 人生の先輩と話すのは豊かな時間です。 ひとり...

→もっと見る

PAGE TOP ↑