*

木蓮の花を心待ちにしながら。

Pocket

約2年前・・
2016年の春に書籍が刊行されました。
(正確には4月ですが・・)

 

書籍がやっと刊行

 

2年前の今頃はあとがきを脱稿して、
なんとも落ち着かない気持ちでした。

 

 

何しろ全てが初めてで・・
手に取ってくださる方がいるのか、
いたとしてどう思われるかなとか。
いろいろな想いが巡る毎日でした。

そんな想いを記したのが、
今日のタイトルにもした一文です。

 

どこにあるのかは、
読まれた方は分かるかな?

ここは内容よりも?
お褒めの言葉を頂いたりしました。
なんにしても嬉しいものです。

 

 

木蓮好きなのですよ。
短い期間しか咲きませんが・・
木に咲く蓮のようというフォルムも色も。

花言葉は❝持続性❞
❝自然への愛❞

 

 

書籍はコンスタントに読まれているようです。

今日久しぶりに会った記者さんにも、

「息が長い本ですね」と言って頂きました。

 

 

私には本が必要だった時期がありました。
自分では言葉にならなかった頃ね。

だから・・
手に取れる本があったらいいなと思っています。

どなたかの目に触れ、
生きる芽や蕾への養分となればいいな。

 

 

参考にするものは?

 

 

有り難いことに・・
ときどき本を読んで、と
ivyに足を運んでくださる方もいます。

 

木蓮の花は北を向いて咲くことから、
コンパスフラワーとも呼ばれるんですって。
(正直にいうと、初めて知ったけど・・)

 

 

私達って・・
喪失といのちを抱えて、
同じ方を向いて歩いてるなぁって思ったりするの。

ゆっくりでも、一緒に歩みをともに。

2018年4月22日 グリーフケア~はじめの一歩

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

許すも、許さないも赦し。

怒りと許しは書くと言いつつ、 すっきり書ききれず。 あ・・ ...

記事を読む

大きなSと小さなs

こんなことって予測がつくようなら、 流れに逆らわずにきている方だろう...

記事を読む

2018 小児脳幹部グリオーマシンポジウム

難しい名前ですけど、 知って頂けるといいなと思います。 小児脳...

記事を読む

対話のチャンス

対話の機会が訪れるとしたら、 それは自分にとってのチャンスだと思う。...

記事を読む

2018年10月 シリーズご感想

シリーズセミナー3回目は、 「聴くこと・語ること」 このテーマ...

記事を読む

新着記事

許すも、許さないも赦し。

怒りと許しは書くと言いつつ、 すっきり書ききれず。 あ・・ ...

記事を読む

大きなSと小さなs

こんなことって予測がつくようなら、 流れに逆らわずにきている方だろう...

記事を読む

2018 小児脳幹部グリオーマシンポジウム

難しい名前ですけど、 知って頂けるといいなと思います。 小児脳...

記事を読む

2018年11月 MYジャンクション

御感想を頂き忘れてしまう、 このとこ参加される方の歩みも着々と。 ...

記事を読む

対話のチャンス

対話の機会が訪れるとしたら、 それは自分にとってのチャンスだと思う。...

記事を読む

許すも、許さないも赦し。

怒りと許しは書くと言いつつ、 すっきり書ききれず。 あ・・ ...

大きなSと小さなs

こんなことって予測がつくようなら、 流れに逆らわずにきている方だろう...

2018 小児脳幹部グリオーマシンポジウム

難しい名前ですけど、 知って頂けるといいなと思います。 小児脳...

2018年11月 MYジャンクション

御感想を頂き忘れてしまう、 このとこ参加される方の歩みも着々と。 ...

対話のチャンス

対話の機会が訪れるとしたら、 それは自分にとってのチャンスだと思う。...

→もっと見る

PAGE TOP ↑