*

最期までには、もうひと仕事。

Pocket

最期と書くと、
まだ受け付けない感覚を持つ方もおりますが。

私達は誰もが平等に死に向かって生きています。
向かっては、望みでなくとも時間や肉体の限界を加味してです。

 

このブログを読まれている方は比較的若いのです。
青年期~30代が多く、
その上でも40代くらいの活躍世代です。
(意外でしょう?)

近代~現代までの流れから、
人を看取る経験はしてこなかった世代になります。
今、この現実に向き合っている方もいるでしょう。

 

 

何が言いたいかというと、
死に向き合うとか、最期の時間がまだイメージだと思います。
しかも自分以外の誰か、という遠い感じ。

 

そういう方の予想は、
最期の数カ月や数日が苦しいイメージかなと。

例えば、食べれなくて動けなくてとか、
意思表示が出来なくてみたいな。

 

確かに最期は生き物は食べ物も取れないし、
身体も元気なときのようには動くことはしません。
意思表示も元の方法ではありません。

 

だからと言って、
何も伝えられないと同じではないのです。

 

 

 

人は最期まで何かを伝えていきます。

喪失とともに生きる―対話する死生学
の中で、私が❝いのちの輝き❞と表現したものです。

 

生きるとはどんなことか、
いのちってなんだろう、そんな大きな課題に繋がること。

最期の儚く見えるいのちの光、
そんな小さな光から私達は受け取るものです。

 

 

 

受け取る方も、
明確に言葉には出来ないものかもしれません。
データーのような数字にも表せないから、
分かりづらいかもしれません。

それでもとても意味のあることです。

 

「最期の子育て」
「最期の親孝行ですよ」

 

カウンセリングで信頼関係が出来たら、
私はそんな言葉でお伝えしています。

 

人には生きる意味があって、
最期までお役目もあるのだと思うのです。
(と私は感じるのです。)

 
ディグニティセラピー 質問⑨
 

受け取る側の役目も、
伝えていく側の役目も含めて・・
最期までには、もうひと仕事~見つめていきたいものです。

末期と言われ歩む方へ、
ともに伴走されていらっしゃる方へ 私から愛を込めて。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

看取りにまつわるetc.

看取りや余命に関する相談事を頂くことがあって、 私が看護師として受け...

記事を読む

愛爛漫ですね。

セミナーやカウンセリングの場は、 愛に満ちているなぁと感じるのですよ...

記事を読む

今日もどうもありがとう。

先日クライアントさんに聞かれた質問です。 その方はご病気があって、ご...

記事を読む

身体の声を聴く。

意識的に、がキーワード。 身体が悲鳴を上げる前、 最近では未病って...

記事を読む

悼みと望みと人間性と。

いつも悼みの奥に望みや願いがありますよ、 とお伝えしています。 ...

記事を読む

新着記事

それは源泉ゆえ。

グリーフもインナーチャイルドも、 心の傷のような湾曲した訳をされるこ...

記事を読む

2019年6月30日 グリーフケア~はじめの一歩

グリーフの入門編に位置付けている講座です。 定期的と言いながら不定期...

記事を読む

心と精神との見つめ合い。

区別することってないのではないでしょうか? 特に日常ではね。 ...

記事を読む

揺れる心と世界から。

何が違和感なのかずっと考えていた。 人のお話を聞いていて不思議な...

記事を読む

メルマガvol.110

○○さま 2019年からメルマガを遅れて、ブログでも公開しており...

記事を読む

それは源泉ゆえ。

グリーフもインナーチャイルドも、 心の傷のような湾曲した訳をされるこ...

2019年6月30日 グリーフケア~はじめの一歩

グリーフの入門編に位置付けている講座です。 定期的と言いながら不定期...

心と精神との見つめ合い。

区別することってないのではないでしょうか? 特に日常ではね。 ...

揺れる心と世界から。

何が違和感なのかずっと考えていた。 人のお話を聞いていて不思議な...

メルマガvol.110

○○さま 2019年からメルマガを遅れて、ブログでも公開しており...

→もっと見る

PAGE TOP ↑