*

暗闇を抜けるという意識

Pocket

暗闇を抜けると・・
と書くと移動しているような表現ですね。

 

心の暗闇は自分の中なので、
移動という表現が当てはまりづらいものです。

どうしたらいいのか、
途方に暮れてしまいます。

 

だから皆、外側に意識を向け、
何かを探し、ないことを嘆いてしまうのでしょう。

 

 

人は何かの想定をする生き物です。

予測のつかない未来なのに、
何かしらの想定をします。

 

 

生きることの見当

 

 

予測がつかないのに、
想定しようとする。

もっと困ったことに、
その予測が違ったときに驚くのです。

嘆くのです。

 

想定や今欲しているものを、
見つめ直す術に人はなかなか気付きません。

 

暗闇はずっと続くように感じるし、
自分には可能性はないように思えてしまう。

 

その世界を自分が創っていることすら、
想いも寄らないことでしょう。

 

 

現実はいつも対話から生まれる~本の紹介

 

 

可能性のある世界

 

 

闇を抜けるという比喩は、
違うところにいくことではないのだと思います。

 

内側に向かって、
自分の心の奥を覗いてみることかもしれません。

 

ここに気が付くことは、
大切な人と紡ぐ物語の続きになっていきます。

とても大事なプロセスです。

グリーフカウンセリングivyのHPはこちらから

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

怒りは二次感情だから。

感情にはいろいろな想いがあります。 怒りもそのうちのひとつと取られが...

記事を読む

正しさはどこに。

世の揉め事の多くは、 どちらが正当かみたいなこと。 どちらも言い分...

記事を読む

それに気付くには。

自己の認知のことを書いたりしますが、 自分の感覚って案外気付かないも...

記事を読む

2018年 カンボジア報告会 ご感想vol.2

カンボジアへ行った報告会、 第2回目のご感想です。 1回目はこ...

記事を読む

いのちのサイン

人にはあるサインがあります。 私が言葉で伝えるとしたら、 “いのち...

記事を読む

新着記事

怒りは二次感情だから。

感情にはいろいろな想いがあります。 怒りもそのうちのひとつと取られが...

記事を読む

正しさはどこに。

世の揉め事の多くは、 どちらが正当かみたいなこと。 どちらも言い分...

記事を読む

それに気付くには。

自己の認知のことを書いたりしますが、 自分の感覚って案外気付かないも...

記事を読む

2018年 カンボジア報告会 ご感想vol.2

カンボジアへ行った報告会、 第2回目のご感想です。 1回目はこ...

記事を読む

2018年 カンボジア報告会ご感想vol.1

今年は国際医療支援の現場、 カンボジアの小児病棟にて、 グリーフカ...

記事を読む

怒りは二次感情だから。

感情にはいろいろな想いがあります。 怒りもそのうちのひとつと取られが...

正しさはどこに。

世の揉め事の多くは、 どちらが正当かみたいなこと。 どちらも言い分...

それに気付くには。

自己の認知のことを書いたりしますが、 自分の感覚って案外気付かないも...

2018年 カンボジア報告会 ご感想vol.2

カンボジアへ行った報告会、 第2回目のご感想です。 1回目はこ...

2018年 カンボジア報告会ご感想vol.1

今年は国際医療支援の現場、 カンボジアの小児病棟にて、 グリーフカ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑