*

日本人の死生観を読む~本の紹介

Pocket

島薗進先生は、宗教学者で東大の教授でいらした方です。
2013年からは、上智大学に移られましたね。

 

GCCの講座でお話しを聞いたのは、
この本が出版された年だったから
2012年の夏ですね。

 

この本の副題は、「明治武士道からおくりびとへ」
これからも分かる通り、様々な作家の作品をもとに
日本人の死の捉え方を書かれております。

 

島薗先生とは、個人的にお付き合いがあるのではありませんが
印象が強いのはこの講義と
宗教学者という少し遠く感じる存在が
文学少年だったのだろうかという
何となく身近なイメージになったからかもしれません。

 

 

私の講座でもでてくる(講座によるが。。)
加藤咄堂さんのことも書かれています。

 

武士道と死生観は、よく繋がって出てきますね。
戦争のお話も。
いのちの儚さの近さがあるのでしょう。
私もいのちの儚さをお伝えしますが、
まだ説得力には欠けているかもしれません。

 

まさに、戦後の私達世代が
死生観を読むにはこの一冊かなと感じます。

 

 

因みに少し難しいので(笑)何回も読めます。
レポートの題材だったので、書きあげた後は
少し手が伸びませんでしたが。。また最近読み直しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


▼LINE友だち追加▼

LINE友達追加

※メルマガが廃止となり、LINE@へ移行致しました。


関連記事

ギリギリの線にあるもの。

人の基準って、それぞれなんですが・・ 気になるのはギリギリの線辺りだ...

記事を読む

みんなって、だぁれ?

みんな、みんなが大好き。 仲間外れにもなりたくないし、 自分だ...

記事を読む

新しい世界で。

新しい世界というキーワードは、 これまでもあったのかもしれません。 ...

記事を読む

世界はひとつ☆

今回実感していることは、 世界はひとつなんだなぁということ。 ...

記事を読む

俺か、俺じゃないか・・

「俺か、俺じゃないか」 って名言?ですよね。 選択肢のようで断言さ...

記事を読む

新着記事

願いで繋がる。

世の中に繋がりはいっぱいあれど、 欲しい繋がりに辿り着いていますか?...

記事を読む

2020年7月26日 インナーチャイルドWS

今年は不思議な年で・・ 年2回ペースが特別追加開催となりました。 ...

記事を読む

2020年6月 インナーチャイルドWS ご感想

こちらも恒例のワークショップ、 年2回のペースで7年目となりました。...

記事を読む

ギリギリの線にあるもの。

人の基準って、それぞれなんですが・・ 気になるのはギリギリの線辺りだ...

記事を読む

みんなって、だぁれ?

みんな、みんなが大好き。 仲間外れにもなりたくないし、 自分だ...

記事を読む

願いで繋がる。

世の中に繋がりはいっぱいあれど、 欲しい繋がりに辿り着いていますか?...

2020年7月26日 インナーチャイルドWS

今年は不思議な年で・・ 年2回ペースが特別追加開催となりました。 ...

2020年6月 インナーチャイルドWS ご感想

こちらも恒例のワークショップ、 年2回のペースで7年目となりました。...

ギリギリの線にあるもの。

人の基準って、それぞれなんですが・・ 気になるのはギリギリの線辺りだ...

みんなって、だぁれ?

みんな、みんなが大好き。 仲間外れにもなりたくないし、 自分だ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑