*

日常の奇跡を受け取る。

Pocket

学生達と話していると、
「当たり前と思ってるから・・」
「実感がないから」
という言葉がたくさんでてきます。

 

喪失とともに生きる―対話する死生学を使って、
対話をしていくのですが・・
“喪失”という実態が想像みたい。

 

 

若い世代だから仕方ない・・
という方もいるかもしれません。
が、私はあまり年齢説は関係ないと思っています。

こども達でも死生観のような話ができる人もいる。
年だけとってもピンとこない人もいる。

 

 

なにが違うのかなと、
ずっと考えているのです。

いろいろなことが関連するとは思います。

 

その中でも日常の奇跡に気付いているか、
そんなポイントがあるかと思います。

 

 

例えば、息をするのも奇跡だと思う。

 

 

息を整える。

 

 

幸せの法則は、
どこにあるかでなく・・ここにある。

既に在ることに気付くこと。

 

 

煌めきの反射

 

 

日常に奇跡は溢れていて、
私達は囲まれている。

そしてお互いを照らし合う。

いのちの鼓動が反射する。

 

毎日がこの瞬間の連続だと。

知って、受け取るだけでいいから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

光陰矢の如し

年齢を重ねると1年あっという間、 密度は濃くなるのでしょうが時間は早...

記事を読む

グレーゾーンとの付き合い方

といっても、 脱法とかのことではありません。 世の揉め事がいい...

記事を読む

ドラマでも、困難でも。

看護師の夜勤で、 人生の先輩と話すのは豊かな時間です。 ひとり...

記事を読む

怒りは二次感情だから。

感情にはいろいろな想いがあります。 怒りもそのうちのひとつと取られが...

記事を読む

正しさはどこに。

世の揉め事の多くは、 どちらが正当かみたいなこと。 どちらも言い分...

記事を読む

新着記事

光陰矢の如し

年齢を重ねると1年あっという間、 密度は濃くなるのでしょうが時間は早...

記事を読む

グレーゾーンとの付き合い方

といっても、 脱法とかのことではありません。 世の揉め事がいい...

記事を読む

ドラマでも、困難でも。

看護師の夜勤で、 人生の先輩と話すのは豊かな時間です。 ひとり...

記事を読む

怒りは二次感情だから。

感情にはいろいろな想いがあります。 怒りもそのうちのひとつと取られが...

記事を読む

正しさはどこに。

世の揉め事の多くは、 どちらが正当かみたいなこと。 どちらも言い分...

記事を読む

光陰矢の如し

年齢を重ねると1年あっという間、 密度は濃くなるのでしょうが時間は早...

グレーゾーンとの付き合い方

といっても、 脱法とかのことではありません。 世の揉め事がいい...

ドラマでも、困難でも。

看護師の夜勤で、 人生の先輩と話すのは豊かな時間です。 ひとり...

怒りは二次感情だから。

感情にはいろいろな想いがあります。 怒りもそのうちのひとつと取られが...

正しさはどこに。

世の揉め事の多くは、 どちらが正当かみたいなこと。 どちらも言い分...

→もっと見る

PAGE TOP ↑