成熟というテーマ | グリーフケアとはなんでしょう

*

成熟というテーマ

Pocket

小さい頃、年が大人になったら大人になるのかと思っていた。
20代は大人になった気でいたかもね、
30代は年だけとっても大人にならないことを知った。
そして、40代はまたこのことに向き合うことになった。

 

 

ある本の中で、青年期の人に
“自分は大人か?こどもと思うか?”
と聞くと大多数が“自分はまだこどもだと思う”と答えると。

しかしその次に、
“自分はもう若くはないと思う人?”
と質問すると。。これまた大多数が手を挙げる。
という例が書いてあった。
(下記の書籍から引用・要約です。)
じぶん・この不思議な存在

 

これは青年期でも壮年期でもうなづく方もいるだろう。
そう、ある程度の年齢までは、
まだこどもだと自覚する面がなにかあるみたい。
そして、でも若くはないという自覚も。

このふたつの問いの間を埋めていく過程が、
大人になるということかと思ったりもして。

 

 

それでも、もうすこし見つめることが欲しい気かな。

 

自分はまだまだだと思いながらも、
成熟していくことは追求していったらいいのだろう。
ここの追求は、自分自身の内面へ。

 

 

かといえ、人として成熟の定義はないし。。
それぞれの人生のテーマがあるとは思っている。
けれど共通の事柄だと思うのだけどね。
 

今のところの私の考える「成熟」は、
自分の受け取ったいのちをいかに使って、
誰かのいのちが輝くことに繋がることを出来るようになるか。
かな?仕事でも自分の役割でも、関わる人にとってでもいい。
で、これは結果でなくて。。
ここに向かってどれだけ必死に足掻く自分を見つめていけるか、
という言葉の方が近いのかもしれない。

 

この追求の覚悟が自分の中でできたとき、
そこには其々の人生の中で何かが生まれゆくと思っている。

そうやって、私達はお互いの毎日を紡いでいくことだろう。

 

あなたの大切な人もそうして生き抜いていったのではないだろうか?

故に、私達はこんなにも受け取っている。

TS3U1376

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2018年9月 MYジャンクション

お知らせをすっかり忘れていた8月で、 反省しながらの記事の更新です。...

記事を読む

一隅を照らす、光とは?

一隅を照らすこれすなわち国宝なり 最澄の有名な言葉です。 ...

記事を読む

もたらされるもの。

喪失を抱いて生きる、 私にとってもテーマです。   ...

記事を読む

アリアドネの糸

神話から由来しているようですね、 難問を解決する鍵のことの比喩です。...

記事を読む

この言葉を。

言葉を使うようになって、 どのくらい経つだろう。 喃語といわれ...

記事を読む

新着記事

2018年8月 シリーズ1回目 ご感想

有り難いことに、 今年もシリーズセミナーが開講となりました。 ...

記事を読む

全て、愛。

人が発しているのは、 実は全て愛なんだろうなぁと。  ...

記事を読む

勇気と愛のお金の法則~本の紹介

ivyの記事でご紹介するには、 少しばかり毛色の変わった本だなと思わ...

記事を読む

2018年9月 MYジャンクション

お知らせをすっかり忘れていた8月で、 反省しながらの記事の更新です。...

記事を読む

あっちとこっち、どちらも大事。

今年もお盆が過ぎていこうとしています。 暑さとどしゃぶりの中、 ご...

記事を読む

2018年8月 シリーズ1回目 ご感想

有り難いことに、 今年もシリーズセミナーが開講となりました。 ...

全て、愛。

人が発しているのは、 実は全て愛なんだろうなぁと。  ...

勇気と愛のお金の法則~本の紹介

ivyの記事でご紹介するには、 少しばかり毛色の変わった本だなと思わ...

2018年9月 MYジャンクション

お知らせをすっかり忘れていた8月で、 反省しながらの記事の更新です。...

あっちとこっち、どちらも大事。

今年もお盆が過ぎていこうとしています。 暑さとどしゃぶりの中、 ご...

→もっと見る

PAGE TOP ↑