*

感受性はあなたなのだと。

Pocket

先日もご紹介した茨木のり子さんの作品に、
「自分の感受性くらい」という詩がある。

先日紹介した「倚りかからず」や
「わたしが一番きれいだったとき」とともに代表作ですね。

 

倚りかからず~本の紹介

 

「自分の感受性くらい」は読むと、
涙より先に鼻水がでる。
美しくない表現かもしれないけど、泣く隙がない。

心にガツンてきます。

 

 

そのとき私は、
感受性って自分自身なんだと毎回感じるの。

 

 

 

世間では感受性って、
私の脇に備わった能力とかセンスのように捉えられている気がして。

センシティブ過ぎても、鈍感でもいけない気がして。

 

みんなとうまくやって、
でも自分の個を感じるにはどの辺でいたらいいのか分かんなくて。

どこで留まっていたらいいのか、
ずっとずっと探してきて・・

長い間そうしていた自分に気づく。

 

それは全くもって、
私のものでなかったんだよ。

 

 

知識や思考や考えは、
学んだことや培ったこと。

感じることは生まれもってきたものかな。

 

だから、感じたとき涙がでる。

 

 

きっと、その涙が答でしょう。

それでいいんだよと教えてくれる。

 

 

感受性は私。

誰にも遠慮も気遣いもなく、そのままの私。

 

かっこよくなくていい私。

間抜けでもいい私。

 

私が私を大好きでいる私。

愛してあげられる私。

これまでも本当はそうだったことも。

 

今までも・・

ここからも、たくさんの愛を注いでいるから。

20161002_042333

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

日常の安心

安心・安全が脅かされるとき、 人はこれまで生きている世界に揺らぎを感...

記事を読む

時間への意識

時間は誰にも平等といわれます。 確かに1日は24時間、1時間は60分...

記事を読む

未完了の感情

自分の奥を感じてくださいね、 といつもお声掛けをします。 どう...

記事を読む

角度を変えて。

人生の岐路や大きな喪失を迎えたとき、 グリーフという反応を抱えます。...

記事を読む

お互いの真実に。

人にはいろいろなものの見方があります。 と書くと、でも事実はひとつで...

記事を読む

新着記事

日常の安心

安心・安全が脅かされるとき、 人はこれまで生きている世界に揺らぎを感...

記事を読む

時間への意識

時間は誰にも平等といわれます。 確かに1日は24時間、1時間は60分...

記事を読む

繋がりの先

グリーフケアというもの、 これが仕事と捉えられるとき・・ 大事なこ...

記事を読む

未完了の感情

自分の奥を感じてくださいね、 といつもお声掛けをします。 どう...

記事を読む

角度を変えて。

人生の岐路や大きな喪失を迎えたとき、 グリーフという反応を抱えます。...

記事を読む

日常の安心

安心・安全が脅かされるとき、 人はこれまで生きている世界に揺らぎを感...

時間への意識

時間は誰にも平等といわれます。 確かに1日は24時間、1時間は60分...

繋がりの先

グリーフケアというもの、 これが仕事と捉えられるとき・・ 大事なこ...

未完了の感情

自分の奥を感じてくださいね、 といつもお声掛けをします。 どう...

角度を変えて。

人生の岐路や大きな喪失を迎えたとき、 グリーフという反応を抱えます。...

→もっと見る

PAGE TOP ↑