*

感受性はあなたなのだと。

Pocket

先日もご紹介した茨木のり子さんの作品に、
「自分の感受性くらい」という詩がある。

先日紹介した「倚りかからず」や
「わたしが一番きれいだったとき」とともに代表作ですね。

 

倚りかからず~本の紹介

 

「自分の感受性くらい」は読むと、
涙より先に鼻水がでる。
美しくない表現かもしれないけど、泣く隙がない。

心にガツンてきます。

 

 

そのとき私は、
感受性って自分自身なんだと毎回感じるの。

 

 

 

世間では感受性って、
私の脇に備わった能力とかセンスのように捉えられている気がして。

センシティブ過ぎても、鈍感でもいけない気がして。

 

みんなとうまくやって、
でも自分の個を感じるにはどの辺でいたらいいのか分かんなくて。

どこで留まっていたらいいのか、
ずっとずっと探してきて・・

長い間そうしていた自分に気づく。

 

それは全くもって、
私のものでなかったんだよ。

 

 

知識や思考や考えは、
学んだことや培ったこと。

感じることは生まれもってきたものかな。

 

だから、感じたとき涙がでる。

 

 

きっと、その涙が答でしょう。

それでいいんだよと教えてくれる。

 

 

感受性は私。

誰にも遠慮も気遣いもなく、そのままの私。

 

かっこよくなくていい私。

間抜けでもいい私。

 

私が私を大好きでいる私。

愛してあげられる私。

これまでも本当はそうだったことも。

 

今までも・・

ここからも、たくさんの愛を注いでいるから。

20161002_042333

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

今を一緒に。

人生は人それぞれ、 起こる出来事も想いも固有のものです。 これ...

記事を読む

謝られ上手になろう。

謝れるのは得意ですか? 人に謝られたときの受け答え方、 受け止...

記事を読む

嫌いにある情報量ときたら。

人と話していて興味深いのは、 好きなことより嫌いについて饒舌なこと。...

記事を読む

自分を閉じ込めるもの。

好きに表現していいですよ、 と話すと驚かれますが・・ 我慢したり、...

記事を読む

ゆるしに似ているもの

怒りについてを書くと言って、 早数年経っているわけです。 &n...

記事を読む

新着記事

今を一緒に。

人生は人それぞれ、 起こる出来事も想いも固有のものです。 これ...

記事を読む

謝られ上手になろう。

謝れるのは得意ですか? 人に謝られたときの受け答え方、 受け止...

記事を読む

嫌いにある情報量ときたら。

人と話していて興味深いのは、 好きなことより嫌いについて饒舌なこと。...

記事を読む

自分を閉じ込めるもの。

好きに表現していいですよ、 と話すと驚かれますが・・ 我慢したり、...

記事を読む

ゆるしに似ているもの

怒りについてを書くと言って、 早数年経っているわけです。 &n...

記事を読む

今を一緒に。

人生は人それぞれ、 起こる出来事も想いも固有のものです。 これ...

謝られ上手になろう。

謝れるのは得意ですか? 人に謝られたときの受け答え方、 受け止...

嫌いにある情報量ときたら。

人と話していて興味深いのは、 好きなことより嫌いについて饒舌なこと。...

自分を閉じ込めるもの。

好きに表現していいですよ、 と話すと驚かれますが・・ 我慢したり、...

ゆるしに似ているもの

怒りについてを書くと言って、 早数年経っているわけです。 &n...

→もっと見る

PAGE TOP ↑