*

感受性はあなたなのだと。

Pocket

先日もご紹介した茨木のり子さんの作品に、
「自分の感受性くらい」という詩がある。

先日紹介した「倚りかからず」や
「わたしが一番きれいだったとき」とともに代表作ですね。

 

倚りかからず~本の紹介

 

「自分の感受性くらい」は読むと、
涙より先に鼻水がでる。
美しくない表現かもしれないけど、泣く隙がない。

心にガツンてきます。

 

 

そのとき私は、
感受性って自分自身なんだと毎回感じるの。

 

 

 

世間では感受性って、
私の脇に備わった能力とかセンスのように捉えられている気がして。

センシティブ過ぎても、鈍感でもいけない気がして。

 

みんなとうまくやって、
でも自分の個を感じるにはどの辺でいたらいいのか分かんなくて。

どこで留まっていたらいいのか、
ずっとずっと探してきて・・

長い間そうしていた自分に気づく。

 

それは全くもって、
私のものでなかったんだよ。

 

 

知識や思考や考えは、
学んだことや培ったこと。

感じることは生まれもってきたものかな。

 

だから、感じたとき涙がでる。

 

 

きっと、その涙が答でしょう。

それでいいんだよと教えてくれる。

 

 

感受性は私。

誰にも遠慮も気遣いもなく、そのままの私。

 

かっこよくなくていい私。

間抜けでもいい私。

 

私が私を大好きでいる私。

愛してあげられる私。

これまでも本当はそうだったことも。

 

今までも・・

ここからも、たくさんの愛を注いでいるから。

20161002_042333

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

怒りは二次感情だから。

感情にはいろいろな想いがあります。 怒りもそのうちのひとつと取られが...

記事を読む

正しさはどこに。

世の揉め事の多くは、 どちらが正当かみたいなこと。 どちらも言い分...

記事を読む

それに気付くには。

自己の認知のことを書いたりしますが、 自分の感覚って案外気付かないも...

記事を読む

2018年 カンボジア報告会 ご感想vol.2

カンボジアへ行った報告会、 第2回目のご感想です。 1回目はこ...

記事を読む

いのちのサイン

人にはあるサインがあります。 私が言葉で伝えるとしたら、 “いのち...

記事を読む

新着記事

怒りは二次感情だから。

感情にはいろいろな想いがあります。 怒りもそのうちのひとつと取られが...

記事を読む

正しさはどこに。

世の揉め事の多くは、 どちらが正当かみたいなこと。 どちらも言い分...

記事を読む

それに気付くには。

自己の認知のことを書いたりしますが、 自分の感覚って案外気付かないも...

記事を読む

2018年 カンボジア報告会 ご感想vol.2

カンボジアへ行った報告会、 第2回目のご感想です。 1回目はこ...

記事を読む

2018年 カンボジア報告会ご感想vol.1

今年は国際医療支援の現場、 カンボジアの小児病棟にて、 グリーフカ...

記事を読む

怒りは二次感情だから。

感情にはいろいろな想いがあります。 怒りもそのうちのひとつと取られが...

正しさはどこに。

世の揉め事の多くは、 どちらが正当かみたいなこと。 どちらも言い分...

それに気付くには。

自己の認知のことを書いたりしますが、 自分の感覚って案外気付かないも...

2018年 カンボジア報告会 ご感想vol.2

カンボジアへ行った報告会、 第2回目のご感想です。 1回目はこ...

2018年 カンボジア報告会ご感想vol.1

今年は国際医療支援の現場、 カンボジアの小児病棟にて、 グリーフカ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑