*

悲しみに寄り添う~本の紹介

Pocket

正確なタイトルは、「死別と悲哀の心理学 ❝悲しみに寄り添う❞」
です。
今、これをダッシュで読み進めているのです。

 

何故か。。
著者のケルスティン・ラマー氏が来日されるのですが、
ある研究会でお会いできるという機会を頂いたからです。

 

ケルスティン・ラマー氏は、
ドイツのグリーフケアの第一人者です。

実は、私はこの方の理論をあまり勉強していなかったので
今になり、焦って読んでいるという訳です。

 

まだ、一回しか読めていないので。。
今夜から二回目に突入しようと思います。

 

 

フロイトの理論は古いというのは、通説になっていますが
(個人的には、好きなんですがね。)
この本ではその点を理論的に解説して下さっているのが
勉強になりました。納得というか。。

グリーフの勉強をする方の二冊目にお勧めです。

 

 

一点だけ、個人的に残念なのは
ロバート・ニーメイヤー先生が出てこないところでしょうか?

 

ケルスティン・ラマー氏は宗教学者さんですから、
その辺りの兼ね合いがあるのかもしれません。

 

 

直接お会いした時、質問してみようと企む私です。
あ、ドイツ語は出来ませんから。。通訳の方を通してですが。

 

 

悲しみに寄り添う: 死別と悲哀の心理学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

繋がりの先

グリーフケアというもの、 これが仕事と捉えられるとき・・ 大事なこ...

記事を読む

もう一度歩き出す。

大切な人をなくしたり、 死の前に佇むとき・・ 人は根源的な問いに行...

記事を読む

ともにしたいことは・・

生きる中で共有したいこと、 書ききれない程たくさんあると思います。 ...

記事を読む

夢見て生きる。

今日の❝夢❞は未来という方、 夜見る方の夢ではありません。 ど...

記事を読む

さよならを大切に。

今HPを見直しているのと、 とある所でお話するスライドを作成中。 ...

記事を読む

新着記事

音色を奏でるように。

毎日いろいろな出逢いがあります。 会話をしなくても、出逢ってます...

記事を読む

2018年6月 インナーチャイルド・ワークショップご感想

定番となったインチャのワークショップ、 それぞれが気付きを持ち帰りま...

記事を読む

息吹を受け取る。

私が毎年密かに愛でているのは、 この通りがかりにある小さな林檎の実で...

記事を読む

日常の安心

安心・安全が脅かされるとき、 人はこれまで生きている世界に揺らぎを感...

記事を読む

時間への意識

時間は誰にも平等といわれます。 確かに1日は24時間、1時間は60分...

記事を読む

音色を奏でるように。

毎日いろいろな出逢いがあります。 会話をしなくても、出逢ってます...

2018年6月 インナーチャイルド・ワークショップご感想

定番となったインチャのワークショップ、 それぞれが気付きを持ち帰りま...

息吹を受け取る。

私が毎年密かに愛でているのは、 この通りがかりにある小さな林檎の実で...

日常の安心

安心・安全が脅かされるとき、 人はこれまで生きている世界に揺らぎを感...

時間への意識

時間は誰にも平等といわれます。 確かに1日は24時間、1時間は60分...

→もっと見る

PAGE TOP ↑