*

悲しみに寄り添う~本の紹介

Pocket

正確なタイトルは、「死別と悲哀の心理学 ❝悲しみに寄り添う❞」
です。
今、これをダッシュで読み進めているのです。

 

何故か。。
著者のケルスティン・ラマー氏が来日されるのですが、
ある研究会でお会いできるという機会を頂いたからです。

 

ケルスティン・ラマー氏は、
ドイツのグリーフケアの第一人者です。

実は、私はこの方の理論をあまり勉強していなかったので
今になり、焦って読んでいるという訳です。

 

まだ、一回しか読めていないので。。
今夜から二回目に突入しようと思います。

 

 

フロイトの理論は古いというのは、通説になっていますが
(個人的には、好きなんですがね。)
この本ではその点を理論的に解説して下さっているのが
勉強になりました。納得というか。。

グリーフの勉強をする方の二冊目にお勧めです。

 

 

一点だけ、個人的に残念なのは
ロバート・ニーメイヤー先生が出てこないところでしょうか?

 

ケルスティン・ラマー氏は宗教学者さんですから、
その辺りの兼ね合いがあるのかもしれません。

 

 

直接お会いした時、質問してみようと企む私です。
あ、ドイツ語は出来ませんから。。通訳の方を通してですが。

 

 

悲しみに寄り添う: 死別と悲哀の心理学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

揺れる心と世界から。

何が違和感なのかずっと考えていた。 人のお話を聞いていて不思議な...

記事を読む

グリーフに想いを寄せて。

2013年にグリーフカウンセリングivyを初めて以来、 想いは変わっ...

記事を読む

流して、放して、開け放つ。

心にある秘密って外には出しません。 誰にも言えない、分かってもらえな...

記事を読む

過去にあるもの。

過去と聞くと未来と違う扱いをされることがあります。 どうしてだろう?...

記事を読む

多分にもれず、私も。

人間って何かなぁ、 人ってどんなかなぁと毎日考えながら生きますが・・...

記事を読む

新着記事

揺れる心と世界から。

何が違和感なのかずっと考えていた。 人のお話を聞いていて不思議な...

記事を読む

メルマガvol.110

○○さま 2019年からメルマガを遅れて、ブログでも公開しており...

記事を読む

語ることで穏やかに。

語ることって日常でしているようでしていない。 日常でしているのは...

記事を読む

素敵なことは素敵で。

大切な人をなくすことは、 とても哀しいことであることは変わりません。...

記事を読む

互いの幸せを願う。

グリーフケアってどんなこと? そう聞かれたら「互いの幸せを願うこと」...

記事を読む

揺れる心と世界から。

何が違和感なのかずっと考えていた。 人のお話を聞いていて不思議な...

メルマガvol.110

○○さま 2019年からメルマガを遅れて、ブログでも公開しており...

語ることで穏やかに。

語ることって日常でしているようでしていない。 日常でしているのは...

素敵なことは素敵で。

大切な人をなくすことは、 とても哀しいことであることは変わりません。...

互いの幸せを願う。

グリーフケアってどんなこと? そう聞かれたら「互いの幸せを願うこと」...

→もっと見る

PAGE TOP ↑