*

悲しみに寄り添う~本の紹介

Pocket

正確なタイトルは、「死別と悲哀の心理学 ❝悲しみに寄り添う❞」
です。
今、これをダッシュで読み進めているのです。

 

何故か。。
著者のケルスティン・ラマー氏が来日されるのですが、
ある研究会でお会いできるという機会を頂いたからです。

 

ケルスティン・ラマー氏は、
ドイツのグリーフケアの第一人者です。

実は、私はこの方の理論をあまり勉強していなかったので
今になり、焦って読んでいるという訳です。

 

まだ、一回しか読めていないので。。
今夜から二回目に突入しようと思います。

 

 

フロイトの理論は古いというのは、通説になっていますが
(個人的には、好きなんですがね。)
この本ではその点を理論的に解説して下さっているのが
勉強になりました。納得というか。。

グリーフの勉強をする方の二冊目にお勧めです。

 

 

一点だけ、個人的に残念なのは
ロバート・ニーメイヤー先生が出てこないところでしょうか?

 

ケルスティン・ラマー氏は宗教学者さんですから、
その辺りの兼ね合いがあるのかもしれません。

 

 

直接お会いした時、質問してみようと企む私です。
あ、ドイツ語は出来ませんから。。通訳の方を通してですが。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼LINE友だち追加▼

LINE友達追加

※メルマガが廃止となり、LINE@へ移行致しました。


関連記事

向こうからは見えている。

「うちはね、太陽とかじゃなくて月なんです。」 「あのこが逝ったと...

記事を読む

ラムネの王子様

先日終末期の方がいて・・ 食べることが大好きなのに、 食べれなくな...

記事を読む

そしたら、そこで考えるのだ。

御自身の語りを、と昨日書きましたね。 自身を語る。 これ結...

記事を読む

自身を語る。

私はよく自分のことを話すと言われます。 (最近は・・かな。) 言葉...

記事を読む

見送りは・・

大切な人を見送る、 という役目は誰にも訪れます。 私は個人としても...

記事を読む

新着記事

勝ち負けなしで。

人生の問いに勝ち負けはなし。 人生には終わりがある訳で、 それ...

記事を読む

知らないを扱う心

人は知らないことがいっぱいある。 これが事実なのだけど、 “知らな...

記事を読む

ミッション・セッション7

幻想に囚われるとしんどくなる。 だって現実じゃないから。 &n...

記事を読む

ミッション・セッション6

隠している自分の中に魅力も隠しちゃう・・ 私もそうやって生きてきちゃ...

記事を読む

ミッション・セッション5

帰属・・ このセッションは別の意味で最高だったのだけど、 私の...

記事を読む

勝ち負けなしで。

人生の問いに勝ち負けはなし。 人生には終わりがある訳で、 それ...

知らないを扱う心

人は知らないことがいっぱいある。 これが事実なのだけど、 “知らな...

ミッション・セッション7

幻想に囚われるとしんどくなる。 だって現実じゃないから。 &n...

ミッション・セッション6

隠している自分の中に魅力も隠しちゃう・・ 私もそうやって生きてきちゃ...

ミッション・セッション5

帰属・・ このセッションは別の意味で最高だったのだけど、 私の...

→もっと見る

PAGE TOP ↑