*

悲しみに寄り添う~本の紹介

Pocket

正確なタイトルは、「死別と悲哀の心理学 ❝悲しみに寄り添う❞」
です。
今、これをダッシュで読み進めているのです。

 

何故か。。
著者のケルスティン・ラマー氏が来日されるのですが、
ある研究会でお会いできるという機会を頂いたからです。

 

ケルスティン・ラマー氏は、
ドイツのグリーフケアの第一人者です。

実は、私はこの方の理論をあまり勉強していなかったので
今になり、焦って読んでいるという訳です。

 

まだ、一回しか読めていないので。。
今夜から二回目に突入しようと思います。

 

 

フロイトの理論は古いというのは、通説になっていますが
(個人的には、好きなんですがね。)
この本ではその点を理論的に解説して下さっているのが
勉強になりました。納得というか。。

グリーフの勉強をする方の二冊目にお勧めです。

 

 

一点だけ、個人的に残念なのは
ロバート・ニーメイヤー先生が出てこないところでしょうか?

 

ケルスティン・ラマー氏は宗教学者さんですから、
その辺りの兼ね合いがあるのかもしれません。

 

 

直接お会いした時、質問してみようと企む私です。
あ、ドイツ語は出来ませんから。。通訳の方を通してですが。

 

 

悲しみに寄り添う: 死別と悲哀の心理学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2mmのカーブ

正確には2mmずれた曲線のカーブのよう、 という話をしたのですが長い...

記事を読む

希望だけ押しのその先へ。

二元論のその先としようとして、 タイトルを変えてみました。 希...

記事を読む

対話の可能性に立つ。

会話、お喋り、対話、 討論、討議・・毎日どれかをしています。 ...

記事を読む

2017年度 静岡大学後期

タイトルを後期と書くか、 静岡大学講義と書くか悩みつつ。 今年...

記事を読む

泣くを超える想い。

いつも受け取るものがあるよ、 ってそう書きます。  ...

記事を読む

新着記事

2mmのカーブ

正確には2mmずれた曲線のカーブのよう、 という話をしたのですが長い...

記事を読む

いつでも会える~本の紹介

かなり前に頂いた絵本で、 そのときはまだグリーフケアって知らなかった...

記事を読む

愛着の絆

大切な人をなくして感じる痛みは、 愛着に関与しています。 この...

記事を読む

見つける扉はどこにあるか?

大切な人がいない世界をここから、 まだ生きていく・・そう思ったとき・...

記事を読む

2017年11月19日グリーフケア~はじめの一歩

グリーフケア~はじめの一歩は、 2013年から定期的に行っている入門...

記事を読む

2mmのカーブ

正確には2mmずれた曲線のカーブのよう、 という話をしたのですが長い...

いつでも会える~本の紹介

かなり前に頂いた絵本で、 そのときはまだグリーフケアって知らなかった...

愛着の絆

大切な人をなくして感じる痛みは、 愛着に関与しています。 この...

見つける扉はどこにあるか?

大切な人がいない世界をここから、 まだ生きていく・・そう思ったとき・...

2017年11月19日グリーフケア~はじめの一歩

グリーフケア~はじめの一歩は、 2013年から定期的に行っている入門...

→もっと見る

PAGE TOP ↑