*

息を整える。

Pocket

いのちの語源は息だと言われている。

日本だけでなく、
息と生きが同じ言葉である言語は世界でも多いらしい。

 

その辺りの言語に関して詳しくないのだが、
死生学を学んでいると折にふれて出てくる。

喪失とともに生きる―対話する死生学
3章の産声や泣き声も描写を読んでも、
私達は息をもっていのちを意識していることが分かる。

 

先日読んだ本にも書いてあったな。

声が生まれる~本の紹介

 

息は呼吸とも通じるが、
空気を吸ったり吐いたりすること。

言葉を発するときにも必要な動作でもある。

 

 

私達は呼吸は欠かせない。

いのちと直結もしている。

言葉に言霊が宿ると言われるのも、
いのちがそこに在ると考えられているから。

 

だから・・

自分の内側にあるものと、

自分自身と調和することを求めるのだろう。

 

そこは、小さな調和から。

 

自分の中にある芽と歩みを進めるために。

それを見つける学びがあるといい。

 

人生を生ききるとき、
私たちはまず呼吸を整えることが必要。

新しい知識とか分からないことを足すとともに、
自分の中にもっているものから整える。

毎日、毎秒・・無意識にする呼吸から。

息をする最大の喜びを感じながら。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

流れ、流れても。

かつては確固たる自分が欲しかったなぁ、 なんてことをボーっと思いだし...

記事を読む

2018年8月 MYジャンクション

MYジャンクションは毎回豊かな色合いを感じる。 誰もがいのちの時...

記事を読む

不器用の裏側

人は、不器用でいい。 今日、私に届いたフレーズ。  ...

記事を読む

優しさに触れ・・

心の奥にある気持ちとか、 思いがけぬ想いに触れると人は涙が出る。 ...

記事を読む

この言葉を。

言葉を使うようになって、 どのくらい経つだろう。 喃語といわれ...

記事を読む

新着記事

流れ、流れても。

かつては確固たる自分が欲しかったなぁ、 なんてことをボーっと思いだし...

記事を読む

2018年8月 MYジャンクション

MYジャンクションは毎回豊かな色合いを感じる。 誰もがいのちの時...

記事を読む

不器用の裏側

人は、不器用でいい。 今日、私に届いたフレーズ。  ...

記事を読む

優しさに触れ・・

心の奥にある気持ちとか、 思いがけぬ想いに触れると人は涙が出る。 ...

記事を読む

この言葉を。

言葉を使うようになって、 どのくらい経つだろう。 喃語といわれ...

記事を読む

流れ、流れても。

かつては確固たる自分が欲しかったなぁ、 なんてことをボーっと思いだし...

2018年8月 MYジャンクション

MYジャンクションは毎回豊かな色合いを感じる。 誰もがいのちの時...

不器用の裏側

人は、不器用でいい。 今日、私に届いたフレーズ。  ...

優しさに触れ・・

心の奥にある気持ちとか、 思いがけぬ想いに触れると人は涙が出る。 ...

この言葉を。

言葉を使うようになって、 どのくらい経つだろう。 喃語といわれ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑