*

対話の可能性に立つ。

Pocket

会話、お喋り、対話、
討論、討議・・毎日どれかをしています。

これらの違いを意識して話していますか?

 

今週から静岡大学での授業が始まりました。
授業といっても講義ではなく、
対話型の形式を取ることにしています。

 

先日のイントロダクションでは、
ここからの進め方の中でこんなくだりがありました。

 

 

「対話ってどんなこと?」

 

 

それに関して学生さんの応答がとてもいい。
箇条書きになっちゃうけど、
少しだけシェアしますね。

 

 

“自分の考えや価値を見直す”

“人の考えを吸収する”

“自分だけでもなく、人の意見だけでもなく、
お互いの意見で深まっていく”

“他人とどう違うか、同じかを見つける”

“対話は会話とは違う。
ConversationとDialogueは異なるもの”

“討論や討議は意見の擦り合わせ、
だから、優勢とか劣勢とかがでてくる。”

 

はぁぁ・・
今の学生はやはり教育が私の頃とは違うね。
私の若い頃、
自分も周囲もこんな概念はもってなかったわ。
いや、今も認識ない大人の多いこと。

対話を目指す大人を増やしていこう。
自戒の意味を込めて。

 

参考までに。

Conversationの語源は、
conは共に、とかひとつになること。
verseは向きを変えるとか。
で、お互いに向き合うこと。

Dialogueの語源は、
diaは~の間とかつらぬいて。
logue 談話のやりとり、
ちょっとここは短く書くのが難しいな。

 

 

 

会話だと向き合って話して、
お互いの共感とか理解すること。

対話では、
お互いの存在と存在の交流と、
そこから意見を繰り返して質の高い意見にしていく。
よって、そこに共有が生まれていく。

とこんな感じでしょうか。

 

この本は大分専門的だけど、
リンクを貼っておくね。
オープンダイアローグとは何か~本の紹介

 

 

 

ここから私の私見です。

 

私はお互いのいのちと、
その時間の尊さを大事に生きたい。

だから出逢う人との時間は奇跡・・

そこで放たれる言葉は、
人とのしての在り方の表現だと思うの。

 

人はそこで何を生み出すだろう。

お互いの関わりは何かを紡ぎ出していく。

いのちの時間の中での選択です。
その選択は可能性に満ちたものになる。

 

ここからいかに生きていくか。

何を選んで、どんな今を創るのか。

だから対話ということの可能性に立ちたい願いがあります。

 

私は可能性に立って、
今を創りたいし遺せるものがあれば繋ぎたい。

あなたの在り方を伝えてください。
私も受け取ります。その先に・・

お互いの可能性に立てると信じています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

お金のいらない国~本の紹介

お金とはどんなものでしょうか? 私の質問は・・ あなたにとってお金...

記事を読む

遺言のタイミング

正確には遺言を示すタイミング、 でしょうか? そのうちに・・ ...

記事を読む

相続の奥にある心

今日は遺言について学んできました。 というのも2019年は相続につい...

記事を読む

重要な情報をキャッチして。

情報過多社会と言われますが、 元々私達の身体の中にも情報がたくさんあ...

記事を読む

心のシナプス

シナプスとは・・ シナプス(synapse) 神経細胞間の接合...

記事を読む

新着記事

お金のいらない国~本の紹介

お金とはどんなものでしょうか? 私の質問は・・ あなたにとってお金...

記事を読む

遺言のタイミング

正確には遺言を示すタイミング、 でしょうか? そのうちに・・ ...

記事を読む

相続の奥にある心

今日は遺言について学んできました。 というのも2019年は相続につい...

記事を読む

重要な情報をキャッチして。

情報過多社会と言われますが、 元々私達の身体の中にも情報がたくさんあ...

記事を読む

心のシナプス

シナプスとは・・ シナプス(synapse) 神経細胞間の接合...

記事を読む

お金のいらない国~本の紹介

お金とはどんなものでしょうか? 私の質問は・・ あなたにとってお金...

遺言のタイミング

正確には遺言を示すタイミング、 でしょうか? そのうちに・・ ...

相続の奥にある心

今日は遺言について学んできました。 というのも2019年は相続につい...

重要な情報をキャッチして。

情報過多社会と言われますが、 元々私達の身体の中にも情報がたくさんあ...

心のシナプス

シナプスとは・・ シナプス(synapse) 神経細胞間の接合...

→もっと見る

PAGE TOP ↑