*

家族ってなんだろう~本の紹介

Pocket

家族ってなんだろう、
と習ったことはあるだろうか・・

親になった人はどう伝えるのだろう。

 

私は、あるときまで思い付きもしなかったなぁ。

あるときというのは、
自分の奥底を見つめたときのこと。

 

そこまでも小さな頃から向き合ってきたと思ってきた。
が今思えば、
それはちょっと逃げた向き合い方だった。

 

 

大人になるにつれ分かったように振る舞ってきたことが、
またやってくるときがある。

それは自分のテーマだからだ、
そう気付くのが❝あるとき❞だろう。

 

 

一生のテーマ

 

 

こどものままだったら、
責めたりしながらやり過ごせたこと。

成熟という過程で向き合うことになる。

 

 

成熟というテーマ

 

 

大人という頭でっかちで考えるのでなく、
こどものときと同じ目線で感じるという課題。

 

大切な人をなくして気が付く方もいて、
ivyでもシリーズセミナーの中で取り扱っています。

 

 

シリーズ4回目~家族とは。

 

 

大人になると案外難しい。

だからこの本のようにこども向けっていいですよ。

 

3つ目の三宮麻由子さんの❝こどもにとって親とはなにか❞
読んでみてください。

私はこの❝チェッ❞という気持ちと、
グッとくる想いと現実を重ねていくことが家族かなと感じます。

 

 

誰もが愛の人。

不器用だった親を想い返す一冊。

家族ってなんだろう (子どもだって哲学)

・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

不器用の裏側

人は、不器用でいい。 今日、私に届いたフレーズ。  ...

記事を読む

優しさに触れ・・

心の奥にある気持ちとか、 思いがけぬ想いに触れると人は涙が出る。 ...

記事を読む

この言葉を。

言葉を使うようになって、 どのくらい経つだろう。 喃語といわれ...

記事を読む

ステイのスペース

行動を求める人がいっぱいだ。 心について語れるといい。 &...

記事を読む

100歳の遺言~本の紹介

副題がありまして、 ❝いのちから教育を考える❞   ...

記事を読む

新着記事

不器用の裏側

人は、不器用でいい。 今日、私に届いたフレーズ。  ...

記事を読む

優しさに触れ・・

心の奥にある気持ちとか、 思いがけぬ想いに触れると人は涙が出る。 ...

記事を読む

この言葉を。

言葉を使うようになって、 どのくらい経つだろう。 喃語といわれ...

記事を読む

ステイのスペース

行動を求める人がいっぱいだ。 心について語れるといい。 &...

記事を読む

100歳の遺言~本の紹介

副題がありまして、 ❝いのちから教育を考える❞   ...

記事を読む

不器用の裏側

人は、不器用でいい。 今日、私に届いたフレーズ。  ...

優しさに触れ・・

心の奥にある気持ちとか、 思いがけぬ想いに触れると人は涙が出る。 ...

この言葉を。

言葉を使うようになって、 どのくらい経つだろう。 喃語といわれ...

ステイのスペース

行動を求める人がいっぱいだ。 心について語れるといい。 &...

100歳の遺言~本の紹介

副題がありまして、 ❝いのちから教育を考える❞   ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑