*

存在という役割

Pocket

死よりつらいこともあるのではないか。
授業で学生からでてきた疑問です。

 

喪失とともに生きる―対話する死生学
をテキストに、
静岡大学で死生学のディスカッションをしています。

 

今週は終章を題材に、
“あなたにとって喪失とともに生きるとはどういうことか”
というテーマが学生から挙がってきました。

この“あなたにとって”というのは、
後期から授業を続けて受けてきて・・ということ。
2017年度の授業もあと2回となり、
テーマも大きくなってきています。

 

 

そして冒頭の質問は、
発表者の学生が疑問として出していました。

 

 

授業の後で違う学生から、
自分自身の体験を通しての考えを聞かせてもらったの。

「役割がなくなったとき、
人は生きる意味を見失うのではないか」
ということです。

 

役割、そこにある生きがい・・

人にはとても大事なものと思います。

 

学生が言ったのは、
最後まで役割があることという内容ね。

 

 

勿論そこを踏まえた上で、
私はもっと大事な役割があるのではと考えていた。

 

それは❝存在という役割❞ではないかと。

 

 

 

ただあなたがいる、
それだけで本来はいいのではないかと思うのです。

いつから生産性や効果が人の価値を決めることになったのか・・

ましてや、それがいつから・・
痛みや哀しみを生むことになったのだろう。

いのちという原点を私達は見失うのか。

 

 

いや、私達は気付く。

 

 

この人生であなたと出逢えたこと、

ともに笑ったことも悩んだことも宝物です。

 

 

輝く素質

 

 

存在という役割があるあなたと、
一緒に生きていきたい。

あなたという唯一無二の存在を、
心で抱きしめて。

 

 

唯一無二

 

 

私達を取り巻くいろいろなことも、
大事に取り扱いながら・・

あなたという存在とともに、
この時間をひたむきに生きていきたい。

 

それが私の願いです。
先に生き抜いた人も一緒にね。
よかったら、ここからの時間をともに。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

光陰矢の如し

年齢を重ねると1年あっという間、 密度は濃くなるのでしょうが時間は早...

記事を読む

グレーゾーンとの付き合い方

といっても、 脱法とかのことではありません。 世の揉め事がいい...

記事を読む

ドラマでも、困難でも。

看護師の夜勤で、 人生の先輩と話すのは豊かな時間です。 ひとり...

記事を読む

怒りは二次感情だから。

感情にはいろいろな想いがあります。 怒りもそのうちのひとつと取られが...

記事を読む

正しさはどこに。

世の揉め事の多くは、 どちらが正当かみたいなこと。 どちらも言い分...

記事を読む

新着記事

光陰矢の如し

年齢を重ねると1年あっという間、 密度は濃くなるのでしょうが時間は早...

記事を読む

グレーゾーンとの付き合い方

といっても、 脱法とかのことではありません。 世の揉め事がいい...

記事を読む

ドラマでも、困難でも。

看護師の夜勤で、 人生の先輩と話すのは豊かな時間です。 ひとり...

記事を読む

怒りは二次感情だから。

感情にはいろいろな想いがあります。 怒りもそのうちのひとつと取られが...

記事を読む

正しさはどこに。

世の揉め事の多くは、 どちらが正当かみたいなこと。 どちらも言い分...

記事を読む

光陰矢の如し

年齢を重ねると1年あっという間、 密度は濃くなるのでしょうが時間は早...

グレーゾーンとの付き合い方

といっても、 脱法とかのことではありません。 世の揉め事がいい...

ドラマでも、困難でも。

看護師の夜勤で、 人生の先輩と話すのは豊かな時間です。 ひとり...

怒りは二次感情だから。

感情にはいろいろな想いがあります。 怒りもそのうちのひとつと取られが...

正しさはどこに。

世の揉め事の多くは、 どちらが正当かみたいなこと。 どちらも言い分...

→もっと見る

PAGE TOP ↑