*

始まりは予期悲嘆から。

Pocket

昨日お伝えしたように、
ここから数日は先日のシンポジウムでお話したことを。

2017年10月28日 小児脳幹部グリオーマシンポジウム

時間も短かったことと、
会場にいらしてない方ともシェアしたいと思います。

 

予期悲嘆という言葉をご存じですか?

 

予期悲嘆

 

まだ知られていない言葉とも思いつつ、
実はこのブログの中で1番多いアクセスがあるかも。

どこかで行き当って、
検索して辿りついてくださるのかもしれません。

これまでもいくつか記事を書いています。

 

亡くしてないのに、失くしたもの。

 

今回お伝えしたのは、
緩和ケアや終末期医療に関わる方々に知って頂きたいから。

 

 

 

グリーフという言葉自体がまだまだ、
認知されていなかったり誤解もあります。

 

医療者は知っているでしょ?
と言われたりしますが・・・
病院関係の方に、
「なくした後のことまで、
今はまだ手が回らないんですよ。」
と言われることが圧倒的に多い私です。

 

❝今はまだ❞って付くだけいいか・・
そんながっかり感を抱えるこの数年。

 

思えば・・私もいっぱい迷いながら、
悩みながら歩みを進めてきたんだよね。

 

いのちのかけら~グリーフケアってなんでしょう。

この上のリンクは以前のブログです。

 

今でも正解があるのか分かりません。
グリーフは病気でもないので、診断基準もありません。

予期悲嘆においてはもっとです。

 

それでも予期悲嘆の反応を抱える方はいます。

 

その方々に一番早く出逢うのは、
病院で仕事をするスタッフなのです。

だから病院で仕事をする方々に知って欲しい。

 

 

そして、もうひとつ知って欲しい。
“喪失”ということの捉え方です。

喪失とともに生きる―対話する死生学
がお供になれば幸いです。

自分にとって大切な人、
かけがえのないものをなくすということ。
見つめ直してみてください。

 

 

その日は大事な日。

 

 

ivyにいらっしゃる方が口にされる、
「あの日・・」

その日出逢う人は、
また大事な人になっていきます。

グリーフは❝後❞からだけではありません。

 

予期悲嘆という言葉、
一度向き合ってみてください。

お互いが認識を共有するだけでも、
痛みと世界は動いていくものです。

簡単ではないことかもしれない。
でも、私はそれを信じています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2018年6月 グリーフケア~はじめの一歩 ご感想

はじめの一歩はグリーフケアの入門編として、 2013年から開催してお...

記事を読む

回る約束

人は生まれもって何か約束があると思う。 言い方を変えれば・・ 生ま...

記事を読む

音色を奏でるように。

毎日いろいろな出逢いがあります。 会話をしなくても、出逢ってます...

記事を読む

2018年6月 インナーチャイルド・ワークショップご感想

定番となったインチャのワークショップ、 それぞれが気付きを持ち帰りま...

記事を読む

息吹を受け取る。

私が毎年密かに愛でているのは、 この通りがかりにある小さな林檎の実で...

記事を読む

新着記事

2018年6月 グリーフケア~はじめの一歩 ご感想

はじめの一歩はグリーフケアの入門編として、 2013年から開催してお...

記事を読む

回る約束

人は生まれもって何か約束があると思う。 言い方を変えれば・・ 生ま...

記事を読む

音色を奏でるように。

毎日いろいろな出逢いがあります。 会話をしなくても、出逢ってます...

記事を読む

2018年6月 インナーチャイルド・ワークショップご感想

定番となったインチャのワークショップ、 それぞれが気付きを持ち帰りま...

記事を読む

息吹を受け取る。

私が毎年密かに愛でているのは、 この通りがかりにある小さな林檎の実で...

記事を読む

2018年6月 グリーフケア~はじめの一歩 ご感想

はじめの一歩はグリーフケアの入門編として、 2013年から開催してお...

回る約束

人は生まれもって何か約束があると思う。 言い方を変えれば・・ 生ま...

音色を奏でるように。

毎日いろいろな出逢いがあります。 会話をしなくても、出逢ってます...

2018年6月 インナーチャイルド・ワークショップご感想

定番となったインチャのワークショップ、 それぞれが気付きを持ち帰りま...

息吹を受け取る。

私が毎年密かに愛でているのは、 この通りがかりにある小さな林檎の実で...

→もっと見る

PAGE TOP ↑