天まで揚がれ、想いを乗せて。 | グリーフケアとはなんでしょう

*

天まで揚がれ、想いを乗せて。

Pocket

素敵なエピソードと出会ったので、
ivyのことではないけどご紹介しようと思います。

 

今日自転車での移動中に静岡の街外れで、
おじいさんに呼び止められました。
人通りの少ないところで困ってらして、
自転車で現れた私を見つけて‘あっ’と。

「この辺りで、この番地は分かりますか?」

昔ながらの住宅街で、
住所だけでは分からず・・

 

地図を見ると、
もう少し先の入り組んだ場所でした。
目印もないので、
お知り合いのところですかと聞くと・・

 

「タコを買いに来たんですが、
タクシーの運転手さんも分からないと言われて。」

 

タコ?

海にいるタコ?
こんな場所に有名な何かあるのかな・・

 

「静岡の人は面白いこと言うなぁ。」
「これだよ。」

 

「30年来の悲願でねぇ。」

 

見せてくれた新聞の切り抜きには、
駿河凧の写真がありました。

 

あー、タコって凧か!
この辺りはそういう街だったと聞いてますが、
まだ在るんだ?

 

 

「うちは娘が二人でね、凧を揚げれなかったの。
そしたらね、生まれたの!
12月に、男の子!」

「やっとだよー。

孫とさ、凧揚げたいじゃない!」

 

「甥っ子が調べてくれて、
それで探しながら、買いに来たの。」

 

「いや、いい人に会えた。
ようやく辿り着きそうだ。」

「これで凧揚げ出来るなぁ・・」って。

 

何度も何度もお礼と、
私のことを褒めて下さりながら手を振られました。

 

 

見れば、足を引きずってらして・・
駅から歩いてくるには時間が掛かる場所、
じいちゃんの愛にグッときながら見送りました。

 

 

まだ2か月の赤ちゃんの横で、
凧を掲げるおじいちゃんの笑顔が目に浮かびます。

 

凧、凧揚がれ。
天まで揚がれ、想いを乗せて。

 

一緒に凧揚げ出来る日まで、
元気でいらしてくださいね。

お孫ちゃんへと紡ぐ愛。

 

道を聞いて頂き、私まで幸せ感じました。

ありがとうございました。

 

写真は見せて頂いた切り抜き、

風に舞いそうだったけど。

かえって記事のお顔が隠れたから載せちゃおう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

一隅を照らす、光とは?

一隅を照らすこれすなわち国宝なり 最澄の有名な言葉です。 ...

記事を読む

もたらされるもの。

喪失を抱いて生きる、 私にとってもテーマです。   ...

記事を読む

アリアドネの糸

神話から由来しているようですね、 難問を解決する鍵のことの比喩です。...

記事を読む

この言葉を。

言葉を使うようになって、 どのくらい経つだろう。 喃語といわれ...

記事を読む

貴方らしく泣いて欲しい。

人は泣く。 泣かない人なんていないもの。   ...

記事を読む

新着記事

あっちとこっち、どちらも大事。

今年もお盆が過ぎていこうとしています。 暑さとどしゃぶりの中、 ご...

記事を読む

それぞれの理由

人にはそれぞれの理由があって・・ ここを正しいとか、 いいか悪いか...

記事を読む

自分の小さな「箱」から脱出する方法~本の紹介

ずっーと前に買ってから積読の山に置いてあった。 らく速(速読のひ...

記事を読む

こころの不自由さを育てる。

身動きとれないように感じる心。 こんなときは何に縛られているのか、 ...

記事を読む

過去が自分を創る。

こないだ過去のことを語る人が、 “そればっか言っていても・・先見てい...

記事を読む

あっちとこっち、どちらも大事。

今年もお盆が過ぎていこうとしています。 暑さとどしゃぶりの中、 ご...

それぞれの理由

人にはそれぞれの理由があって・・ ここを正しいとか、 いいか悪いか...

自分の小さな「箱」から脱出する方法~本の紹介

ずっーと前に買ってから積読の山に置いてあった。 らく速(速読のひ...

こころの不自由さを育てる。

身動きとれないように感じる心。 こんなときは何に縛られているのか、 ...

過去が自分を創る。

こないだ過去のことを語る人が、 “そればっか言っていても・・先見てい...

→もっと見る

PAGE TOP ↑