*

天の神様のいうとおり・・

Pocket

っておまじないみたいな言葉、
小さな頃使ったことはありますか?

何かを決めるときとか、
迷ったときにどれにしようかなって。

 

 

あの頃の神様は誰だったのだろう。

どこに向かって言っていたのかな。

 

今も特定の神様はいない私ですが、
小さな頃の方がもっといなかった気がします。

それでも信じてた、
というか委ねられる気持ちもあったなぁ・・
などと最近思うのです。

大人になって少し曇る感覚もあります。

 

日本は無宗教と言われながら、
何かあると“神様”って信じたくなります。

 

 

これは死生観の空洞化といわれる、
現代になってからのことではないでしょうか。

 

死生観の空洞化ということに関しては、
こちらの本が分かりよいのではと思います。

 

死生観を問いなおす~本の紹介

(上の記事書いたときはまだ読んでなかったんだった)

 

 

大切な人をなくしたとき、
自分の居場所を失って生きる意味を見失う。

そんなとき神様の存在を考えたり、
大きな存在の在りかに及んだりすることもあります。

 

今の科学で証明されないことは信じない、
そんな方も多くなりました。

信じるかどうかは個人の自由で在りますが、
心の拠り所までなくしてしまったのかもしれません。

 

 

生きている人は必ず死を迎えます。

私たちは生身の生き物で、
永遠には一緒に過ごせません。

 

生きていることやその間だけに、
なにかを懸けていくことには限りがあります。
(無理ではなく、限りがくるという意味ね。)

存在や時間という普遍のテーマに行き当たる。

 

死生観に触れるとき。

 

 

信仰に限らずとも、
自分の死生観を知っておくことは大事。

こどもの頃のような純粋な捉え方で、
今一度向き合うときが来ているのだと思います。

 

こんな記事に出逢ったことも、
天の神様の采配のひとつかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

翼に風を。

目に見えないけど、 人にも翼のようなものがあるのかもしれない。 ...

記事を読む

初めてのお正月

初めてのといっても、 お使い的な意味の初めてではありません。 ...

記事を読む

一年、十年・・

もう1年経ったのに・・ そんな言葉を紡がれる方もいらっしゃいます。 ...

記事を読む

そこに、生きるが・・

難しいと言われる話を書きました。 かと言って、 簡単にもされた...

記事を読む

守秘義務のこと。

そういえば、 これまで特段書いたことなかったのです。 聞かれた...

記事を読む

新着記事

2017年12月 Sound Souls 御感想

Sound Soulsに関しては、 いくつか御感想をUPしております...

記事を読む

翼に風を。

目に見えないけど、 人にも翼のようなものがあるのかもしれない。 ...

記事を読む

初めてのお正月

初めてのといっても、 お使い的な意味の初めてではありません。 ...

記事を読む

一年、十年・・

もう1年経ったのに・・ そんな言葉を紡がれる方もいらっしゃいます。 ...

記事を読む

そこに、生きるが・・

難しいと言われる話を書きました。 かと言って、 簡単にもされた...

記事を読む

2017年12月 Sound Souls 御感想

Sound Soulsに関しては、 いくつか御感想をUPしております...

翼に風を。

目に見えないけど、 人にも翼のようなものがあるのかもしれない。 ...

初めてのお正月

初めてのといっても、 お使い的な意味の初めてではありません。 ...

一年、十年・・

もう1年経ったのに・・ そんな言葉を紡がれる方もいらっしゃいます。 ...

そこに、生きるが・・

難しいと言われる話を書きました。 かと言って、 簡単にもされた...

→もっと見る

PAGE TOP ↑