*

出逢いは内側に。

Pocket

出逢いは幸せを創る要素、
ということは否定はしない。

 

けれど外側にだけあるものではない。

 

理想の状況や人や、時間とか収入とか?
いつかを待つことはただの訪れない未来だから。
(理想の王子様を待ちたい気持ちはよく分かるけど)

 

 

出逢いは計画出来ることとは異なり、
訪れるものなのだと思うのです。

そして、それに行き当たるのは自分。

 

哀を愛に変えて。

 

これまでの自分や生まれもっての使命でもいい、
なにか自分が掴んで必死で走ってきた中で出逢うということ。

こっち側が重要だと思うのです。
出逢いをこっち側という自分スタンスで捉えていくこと。

 

 

まだまだ悲しい日々もある。

悔しさや憤りや、やりきれなさだって抱える。

 

そんな自分と出逢ってくれる人がいる。

 

出逢いは、生きていく力

 

喪失という痛みも伴う事象の中で、
出逢いがあることを素直に受け取れないこともあるだろう。

そんなことより、
あの人にいて欲しかった・・そんな想いだって湧くだろう。

 

 

それでも、その出逢いはあの人が繋げていったもの。
遺してくれた種でもある。

 

倚りかからず~本の紹介

 

この本を読んだときにガツンとくるのは、
本当は知っているからなのだと思ったんだ。

 

巡る輪の中で。。

 

ずっと一緒に過ごせないこともある。

そう知っても、この人生を選んで生きただろうと。

 

 

この想いが内側にあるから・・

そうして出逢っているのだろうと。

 

ここまでこれたら・・

あとは残りの時間で何をするか、どう生きるか。

そこを感じていくだけなんだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

誰にでもある“あの日”

生まれてから今日まで、 誰にでもどこかに“あの日”があるだろう。 ...

記事を読む

あの日・・

引き続き、 先日のシンポジウムでお伝えしたことを。  ...

記事を読む

見つける扉はどこにあるか?

大切な人がいない世界をここから、 まだ生きていく・・そう思ったとき・...

記事を読む

マイナスからでも。

大切な人をなくして、 「受け取ったものもあるのに・・ どうして私は...

記事を読む

今はこのまま・・いっとき。

大切な人やものをなくし、 自分ってなんだろう・・ そんな想いを抱え...

記事を読む

新着記事

季節の便り

大切な人がいなくなって・・ 同じ季節や思い入れのある日など、 また...

記事を読む

夢のまた夢

夢のまた夢って、 儚いことを意味しますね。   ...

記事を読む

旭くん光のプロジェクト

今「くじらぐも」という演奏を聞きながら、 この記事を書いています。 ...

記事を読む

飾らぬ真心で日常を。

人は皆が素直に表現出来たら、 もっと人間関係がスムーズなのではないだ...

記事を読む

人には訳がある。

生きているといろんなことがある・・ と私はいつも書いております。...

記事を読む

季節の便り

大切な人がいなくなって・・ 同じ季節や思い入れのある日など、 また...

夢のまた夢

夢のまた夢って、 儚いことを意味しますね。   ...

旭くん光のプロジェクト

今「くじらぐも」という演奏を聞きながら、 この記事を書いています。 ...

飾らぬ真心で日常を。

人は皆が素直に表現出来たら、 もっと人間関係がスムーズなのではないだ...

人には訳がある。

生きているといろんなことがある・・ と私はいつも書いております。...

→もっと見る

PAGE TOP ↑