*

内省に終わりなしの先。

Pocket

終わりなしって怖さも感じますね。
書いていて、自分でも感じていたりします。

大丈夫、内省には終わりがないけど、
悩むことは行き先があるから。

きっとそのために私達は内省します。

 

 

第5次イヤイヤ期

 

こころの不自由さを育てる。

 

 

そう・・内省って自分を知りたいから。
人間って最期まで内省するんじゃないかな。

前は年齢を重ねたら達観するのかと思ったけど、
老子とかの時代と違うのかも・・

惑うし、揺れるし、
死はいつまでも怖いか寂しいだろう。

 

私達が知っておくのは、
自分の人生を生きたいのだということ。

そうすると、
怖さがあるなって感じること。

 

 

恐れと怖れ

 

 

外側に在る恐れ、
内側にある怖れは自然な感情。
とても大事なことだと知ること。

自分の存在と意味に行き着くプロセスね。

 

 

自己と自我

 

 

内省に終わりがなくとも、
私達は自分に辿り着いていくのだと思う。

それは愛といのちに気付くから。

 

悩む人は優しい人なのだと思うよ。
そこにある底力にも気が付いてね。

 

この記事に行き当たってくださり、
本当にありがとうございます。

あなたのいのちへのエールをいつも送っています。

受け取ってくれて、ありがとう。

 

グリーフカウンセリングivyのHPはこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼LINE友だち追加▼

LINE友達追加

※メルマガが廃止となり、LINE@へ移行致しました。


関連記事

看取る命と見送るいのち

思えば看護師としての出逢いが、 私の人生では一番多いのです。 職種...

記事を読む

新しい感受性

毎日新しい感受性を育てているのだろう。 そんなふうに思えるようになっ...

記事を読む

Fightの中身

日本語では応援の言葉に使いますが、 元々は戦うという意味ですね。 ...

記事を読む

心の中の住人

最近いい体験をしてまして・・ 看護師のバイト先を冬から変えたのです。...

記事を読む

人生のミカタ

人生のミカタでいたいなと思います。 正確に言うと人生の味方だと大きく...

記事を読む

新着記事

看取る命と見送るいのち

思えば看護師としての出逢いが、 私の人生では一番多いのです。 職種...

記事を読む

新しい感受性

毎日新しい感受性を育てているのだろう。 そんなふうに思えるようになっ...

記事を読む

Fightの中身

日本語では応援の言葉に使いますが、 元々は戦うという意味ですね。 ...

記事を読む

心の中の住人

最近いい体験をしてまして・・ 看護師のバイト先を冬から変えたのです。...

記事を読む

人生のミカタ

人生のミカタでいたいなと思います。 正確に言うと人生の味方だと大きく...

記事を読む

看取る命と見送るいのち

思えば看護師としての出逢いが、 私の人生では一番多いのです。 職種...

新しい感受性

毎日新しい感受性を育てているのだろう。 そんなふうに思えるようになっ...

Fightの中身

日本語では応援の言葉に使いますが、 元々は戦うという意味ですね。 ...

心の中の住人

最近いい体験をしてまして・・ 看護師のバイト先を冬から変えたのです。...

人生のミカタ

人生のミカタでいたいなと思います。 正確に言うと人生の味方だと大きく...

→もっと見る

PAGE TOP ↑