*

人生100年の時代

Pocket

人生100年の時代がやってくると言われています。

どういう意味か・・

 

医療や化学の進歩、
栄養や公衆衛生の改善により、
平均寿命が延びたことを指しています。

実際、
日本は超高齢社会に既になっております。

 

予測のデーターとしても・・
人口は減りつつある中、
数年後には100歳以上は10万人を超すといわれています。
なお、65歳以上が人口の38%を占めます。

今日は高齢社会の問題は少しおき、
そこを生きる私達の課題を一緒に考えてみたいなと。

 

 

これまでは定年まで働いて、
余生ともいえる人生をゆったりとなんてものが理想でした。

ここからはまだまだ生きる人が多い。
働く人も少なくなるし、年金も十分とは言えない。

引退してゆっくりという時代と、
かつての認識から移行しつつあるということ。

 

医療の事情も厳しいものになってきています。
この辺りに関しては以前ご紹介した、
分かりやすいこちらの2冊をどうぞ。

 

死にゆく過程を生きる~本の紹介

 

ひとりで死ぬのだって大丈夫~本の紹介

 

これまでに経験のない時代がやってきて、
ここから生きていく私達。

でも年齢を重ねた分、
身体も能力も若いときのようにはいかず。

そこで起こると言われているのが、
アイデンティティクライシスです。

 

これまでの生産性と効率性を価値としたままでは、

「もう身体が動かない。体力がついていかない。」

「もの覚えが悪くなった。」

そんな自分に出来ることが少なくなるように感じます。

 

 

自分の存在と経験からの価値、
というシフトチェンジが必要です。

100歳まで生きるかもしれない自分の人生を捉える。

 

ここを生きる自分というスタンスを、
いかに生み出すかという課題が出現してくるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

不器用の裏側

人は、不器用でいい。 今日、私に届いたフレーズ。  ...

記事を読む

優しさに触れ・・

心の奥にある気持ちとか、 思いがけぬ想いに触れると人は涙が出る。 ...

記事を読む

この言葉を。

言葉を使うようになって、 どのくらい経つだろう。 喃語といわれ...

記事を読む

ステイのスペース

行動を求める人がいっぱいだ。 心について語れるといい。 &...

記事を読む

100歳の遺言~本の紹介

副題がありまして、 ❝いのちから教育を考える❞   ...

記事を読む

新着記事

不器用の裏側

人は、不器用でいい。 今日、私に届いたフレーズ。  ...

記事を読む

優しさに触れ・・

心の奥にある気持ちとか、 思いがけぬ想いに触れると人は涙が出る。 ...

記事を読む

この言葉を。

言葉を使うようになって、 どのくらい経つだろう。 喃語といわれ...

記事を読む

ステイのスペース

行動を求める人がいっぱいだ。 心について語れるといい。 &...

記事を読む

100歳の遺言~本の紹介

副題がありまして、 ❝いのちから教育を考える❞   ...

記事を読む

不器用の裏側

人は、不器用でいい。 今日、私に届いたフレーズ。  ...

優しさに触れ・・

心の奥にある気持ちとか、 思いがけぬ想いに触れると人は涙が出る。 ...

この言葉を。

言葉を使うようになって、 どのくらい経つだろう。 喃語といわれ...

ステイのスペース

行動を求める人がいっぱいだ。 心について語れるといい。 &...

100歳の遺言~本の紹介

副題がありまして、 ❝いのちから教育を考える❞   ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑