*

人生のリ・メンバリング~本の紹介

Pocket

リメンバーとリ・メンバリング(もう一度メンバーにいれる)を掛けたタイトル。。

英語圏の人もダジャレ風に使うのね。。
と思った一冊です。

 

 

グリーフに陥ったときは、
もうこの世では一緒にいられないという思いでいっぱいになり
あるはずの愛情の絆が見えなくなっています。

 

グリーフカウンセリングは、その絆をもう一度結ぶお手伝いです。

 

私がするのではありません。
御自身がお話をするうちに、気が付かれます。

あぁ、ちゃんと絆は自分の中にあるのだ。。ということに。

 

 

この本は私にとっては、勉強中は難関でなかなか読み進められず
南柏の麗澤大学の講座を聞きにいく電車の中で
(都内から1時間半くらいかかる。。)
毎週、睡眠導入の本となってしまっていた想い出の本です(笑)

 

勉強の最後の方になったら、すっと意味が入ってきて
読むことができましたよ。

 

内容は盛りだくさんです。

少し読むのは苦労されるかもしれません。

 

 

ただ、読んでみたら
この本の持つ、読んだ後も
まだ終わらないメッセージに胸が熱くなるのだと思います。

 

グリーフカウンセラーとなった今は、
引き継がれる人と故人との新しいメンバーシップに
副題でもある「死にゆく人と残される人の会話」が
いのちを吹き込むという内容が身にしみる今日この頃です。

 

人生のリ・メンバリング―死にゆく人と遺される人との会話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

今日もどうもありがとう。

先日クライアントさんに聞かれた質問です。 その方はご病気があって、ご...

記事を読む

身体の声を聴く。

意識的に、がキーワード。 身体が悲鳴を上げる前、 最近では未病って...

記事を読む

悼みと望みと人間性と。

いつも悼みの奥に望みや願いがありますよ、 とお伝えしています。 ...

記事を読む

エビデンスは人でいい。

エビデンスという言葉をご存知ですか? エビデンスとは・・ 1証...

記事を読む

お別れと最期までの伴走

予期悲嘆という言葉があります。 よかったら覚えておいてください。 ...

記事を読む

新着記事

イライラからが醍醐味です。

イライラなくそうとする人がいて、 もったいなーいと思うのですが・・ ...

記事を読む

今日もどうもありがとう。

先日クライアントさんに聞かれた質問です。 その方はご病気があって、ご...

記事を読む

ゆだねる感覚

ゆだねる、委ねる、感じだとあまり使ったことない。 というか、この言葉...

記事を読む

身体の声を聴く。

意識的に、がキーワード。 身体が悲鳴を上げる前、 最近では未病って...

記事を読む

悼みと望みと人間性と。

いつも悼みの奥に望みや願いがありますよ、 とお伝えしています。 ...

記事を読む

イライラからが醍醐味です。

イライラなくそうとする人がいて、 もったいなーいと思うのですが・・ ...

今日もどうもありがとう。

先日クライアントさんに聞かれた質問です。 その方はご病気があって、ご...

ゆだねる感覚

ゆだねる、委ねる、感じだとあまり使ったことない。 というか、この言葉...

身体の声を聴く。

意識的に、がキーワード。 身体が悲鳴を上げる前、 最近では未病って...

悼みと望みと人間性と。

いつも悼みの奥に望みや願いがありますよ、 とお伝えしています。 ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑