*

人をケアする人へ

Pocket

ケアする人へと書いたけど、
仕事が援助職という人だけでなく。。

私は、人は皆誰も誰かのケアをすると思っている。

 

ケアって、特別な技術や知識でなくて。
人と人との関わりの中にあるものだから。

 

ケアについて書くと、かなりかかっちゃうのでこれはこの辺で。
今日は、気持ちのことで知ってほしいこと。

 

 

ひとつ目は、先に書いた誰もが人のケアをしているということ。
その内容や手法はそれぞれ得意なことというだけ。

 

ふたつ目は、
ケアをするって片方が何かすることではないということ。

 

 

ケアって双方向だと思うのです。
提供し合うものが異なるだけですね。

 

自分が出来ることを、それに困っている人に力を添える。
自分が困ったときは、力を貸してもらう。

そんな縮図で私達は生きています。

 

お互い様ね。

 

先日のセミナーの御感想で、
「要らないこと言ったら困るから、消極的になることがある。」
という意見がありました。

気持ちはとっても分かります。

人を傷つけるかも。。この気持ちって怖いものです。

 

 

でもね、
自分の不安が先に立ち。。助けられないってどうなるか。

ここにまず気持ちを持って欲しいと思う。

 

いのちの問題は合っているか、間違っているかではない。
答えを与えるのではないのです。

 

 

一緒にそこに惑い、悩み、立ちつくすことが出来るかが大事。

ケアする側がちゃんとしてなきゃという思い込みは要らないと思う。
誰にも分からないことは、世の中にたくさんあるんだよね。

まず、そこに気が付いてね。

 

 

きっと、失敗やすれ違うこともある。
それでも手を伸ばしたら、
受け取るものの方が大きいのではないかと思うの。

それが出来る自分でいたいと思っている人は多いように感じる。

本心では、寄り添いたいと思っているんじゃないかな。

 

 

そこに職業としてや専門的な知識とかの前に、
人としてどう寄り添うか。。ここに毎回戻る位置を作ること。

生きる中では、お互いがケアする側・される側。

順番と形が異なるだけなのです。

TS3U1250

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

仮面を外してみよう。

大切な人やものをなくして、 もう心から笑うことはない・・ そんなふ...

記事を読む

サラとソロモン~本の紹介

引き寄せの法則なんて、 定番の言葉になってきたけど。 どうやって使...

記事を読む

さびしさからの共有

さびしさ、共有してくださいね。 ・・自分と。   ...

記事を読む

2018年12月22日 インナーチャイルド・ワークショップ

こちらも定番セミナーになってきました。 ビジュアルでも伝えられるから...

記事を読む

横浜こどもホスピスプロジェクト

日本にはホスピスって、 充分にはありません。 ベッド数とか、地の利...

記事を読む

新着記事

仮面を外してみよう。

大切な人やものをなくして、 もう心から笑うことはない・・ そんなふ...

記事を読む

サラとソロモン~本の紹介

引き寄せの法則なんて、 定番の言葉になってきたけど。 どうやって使...

記事を読む

さびしさからの共有

さびしさ、共有してくださいね。 ・・自分と。   ...

記事を読む

2018年12月22日 インナーチャイルド・ワークショップ

こちらも定番セミナーになってきました。 ビジュアルでも伝えられるから...

記事を読む

横浜こどもホスピスプロジェクト

日本にはホスピスって、 充分にはありません。 ベッド数とか、地の利...

記事を読む

仮面を外してみよう。

大切な人やものをなくして、 もう心から笑うことはない・・ そんなふ...

サラとソロモン~本の紹介

引き寄せの法則なんて、 定番の言葉になってきたけど。 どうやって使...

さびしさからの共有

さびしさ、共有してくださいね。 ・・自分と。   ...

2018年12月22日 インナーチャイルド・ワークショップ

こちらも定番セミナーになってきました。 ビジュアルでも伝えられるから...

横浜こどもホスピスプロジェクト

日本にはホスピスって、 充分にはありません。 ベッド数とか、地の利...

→もっと見る

PAGE TOP ↑