*

人は三度死ぬと言われる社会

Pocket

先日のセミナーで、お話ししたら「もう少し聞きたい」と
言って下さった方がいたので。。

 

私の勉強する世界では、最近こう言われています。

 

一度目は、老いや病気や障害で社会から切り離されること。
(社会的な死)

二度目は、生命が終わるとき。

三度目は、その方のことを覚えている方がいなくなるとき。

 

二度目と三度目は、いつか来る避けられないことでしょう。

 

私が最近気になるのは、一度目のこと。
これって、昔は言われていなかったですよね。

 

老いても、病気でも障害があっても
家庭や社会で役割はあったし
存在する意義を他の方も感じていました。

 

近年、生産性のあることが価値があるような誤解?があります。

 

人は生き物ですから、病気にもなるし老いもする。
そこを役にたたないからって考え、何とかならないものでしょうか。

 

家庭の形態も、医療も変わった。
生活も裕福に、便利になりました。

でも、一番大切なこと。。おいてきちゃっていないだろうか。。

 

老いても、病気になっても、障害があっても同じ人間。
生きる権利があるし、それを責められるような扱いをされることはないはず。

 

この排他的な考えが
いつか自分をも追い詰めることに、いつ気がつくのだろう。

 

これに対して、まだ何も実際は出来てないけれど
変えていかなきゃいけないことだと思うのです。

皆さんはどう思われますか?
みんなで笑える社会の方がどんなに楽しいだろうと考えますが。。

TS3U0148

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

言葉に乗せて。

昨年作った冊子を増刷しました。 そのこらしく、あなたらしく ...

記事を読む

愛と哀からなる抱擁

お別れのときがきたら、 ただその人を抱きしめて感謝の言葉を言おう。 ...

記事を読む

2016年12月17日 シリーズ5回目死生観

グリーフケアの入門編である、 グリーフケア~はじめの一歩に続くシリー...

記事を読む

2016年 静岡大学後期 喪失とともに生きる

今日から後期の授業が始まりました。 昨年の様子はこんなかんじ ...

記事を読む

グリーフという言葉 vol.4

グリーフという言葉はまだ認知されていない。 知らない人の方が多い...

記事を読む

新着記事

愛着の絆

大切な人をなくして感じる痛みは、 愛着に関与しています。 この...

記事を読む

見つける扉はどこにあるか?

大切な人がいない世界をここから、 まだ生きていく・・そう思ったとき・...

記事を読む

2017年11月19日グリーフケア~はじめの一歩

グリーフケア~はじめの一歩は、 2013年から定期的に行っている入門...

記事を読む

マイナスからでも。

大切な人をなくして、 「受け取ったものもあるのに・・ どうして私は...

記事を読む

今はこのまま・・いっとき。

大切な人やものをなくし、 自分ってなんだろう・・ そんな想いを抱え...

記事を読む

愛着の絆

大切な人をなくして感じる痛みは、 愛着に関与しています。 この...

見つける扉はどこにあるか?

大切な人がいない世界をここから、 まだ生きていく・・そう思ったとき・...

2017年11月19日グリーフケア~はじめの一歩

グリーフケア~はじめの一歩は、 2013年から定期的に行っている入門...

マイナスからでも。

大切な人をなくして、 「受け取ったものもあるのに・・ どうして私は...

今はこのまま・・いっとき。

大切な人やものをなくし、 自分ってなんだろう・・ そんな想いを抱え...

→もっと見る

PAGE TOP ↑