*

与えられたものの使い方

Pocket

人はいつまでもないものねだりです。
自戒の意味を込めて。

大切な人をなくして抱えるグリーフも、
渦中の頃は少し笑えれば・・なんて思っていたのに。
笑えるくらい元気になると、
もっともっとと欲も出てきたりします。

 

それも当然です。

人は幸せになるようにプログラミングされているのです。
その欲も人間という生き物ゆえ。

私達は幸せになるように出来ている。
それに必要な生きる力やいのちの柔軟さや、
人と関わる優しさも生まれたときから持ちあわせている。

 

 

先日素質のことを書きましたね。

 

種の設計図

 

何故か・・
その生まれ持った素質には最初から気付かない。

 

 

❝人は与えられたものの使い方を知らない❞
という一文が、ある本に書かれていました。

 

あー、何度も読んだのに気付いてなかった。

あの頃には目に留まらなかったのでしょうね。

 

そう私たちは自分の素質に気付きづらかったり、
使い方を学ぶのは成長の過程の中でしていくのです。

 

 

私はこれに気付くことに長い旅路がありました。

いや・・これに辿り着くまで、
これまでを一歩一歩進んできたのですよね。

 

喪失とともに生きる―対話する死生学
のあとがきに記したように、
誰にもともに歩む仲間がいます。

愛し合ったり、認め合ったり、
ときにすれ違ったりしながら、
喪失とともに生きる仲間達です。

 

与えられたものの使い方も、
その仲間から学ぶことも多いのです。

 

自分の頭の中だけで考えても、学びは少ない。

 

イキヅマル

 

与えられたものは全て、必要なものなのでしょう。

今は悲しい想い出も、出逢いも。

そこから、また学んでいく。

 

グリーフブックというタグ

 

目の前を過ぎる風も光でさえも。
そこから受け取ることが出来るのだと思う。

 

 

与えられたものの使い方を習得していくのも、
人生のレッスンのひとつなのだと思います。

ひとりで大変になったら、
いつでもお話しにいらしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

怒りは二次感情だから。

感情にはいろいろな想いがあります。 怒りもそのうちのひとつと取られが...

記事を読む

正しさはどこに。

世の揉め事の多くは、 どちらが正当かみたいなこと。 どちらも言い分...

記事を読む

それに気付くには。

自己の認知のことを書いたりしますが、 自分の感覚って案外気付かないも...

記事を読む

2018年 カンボジア報告会 ご感想vol.2

カンボジアへ行った報告会、 第2回目のご感想です。 1回目はこ...

記事を読む

いのちのサイン

人にはあるサインがあります。 私が言葉で伝えるとしたら、 “いのち...

記事を読む

新着記事

怒りは二次感情だから。

感情にはいろいろな想いがあります。 怒りもそのうちのひとつと取られが...

記事を読む

正しさはどこに。

世の揉め事の多くは、 どちらが正当かみたいなこと。 どちらも言い分...

記事を読む

それに気付くには。

自己の認知のことを書いたりしますが、 自分の感覚って案外気付かないも...

記事を読む

2018年 カンボジア報告会 ご感想vol.2

カンボジアへ行った報告会、 第2回目のご感想です。 1回目はこ...

記事を読む

2018年 カンボジア報告会ご感想vol.1

今年は国際医療支援の現場、 カンボジアの小児病棟にて、 グリーフカ...

記事を読む

怒りは二次感情だから。

感情にはいろいろな想いがあります。 怒りもそのうちのひとつと取られが...

正しさはどこに。

世の揉め事の多くは、 どちらが正当かみたいなこと。 どちらも言い分...

それに気付くには。

自己の認知のことを書いたりしますが、 自分の感覚って案外気付かないも...

2018年 カンボジア報告会 ご感想vol.2

カンボジアへ行った報告会、 第2回目のご感想です。 1回目はこ...

2018年 カンボジア報告会ご感想vol.1

今年は国際医療支援の現場、 カンボジアの小児病棟にて、 グリーフカ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑