*

七歳までは神の領域

Pocket

昔の人はそう言ったと何かの本に書いてあった。
残念なことに、どの本か今確認できず。。
出典が明確に出来ないことは、申し訳ないのですが。

 

 

それから、昔もいつかが明らかにできません。

 

 

予想するに、まだ日本が裕福ではなかった時代。

 

食事もつつましく、栄養状態がよくなかった頃かな。

 

医療も整っていない時代。

 

抗生物質もないか、普及していなかった時代。

 

 

 

そんな時代の言葉ではないかと思います。

 

 

そして、
日本では七五三という行事がありますね。

 

正確にはこどもの成長とその節目の儀礼で、
意味は同じ行事ではないらしいのですが。

 

 

 

ある一定の年齢まで、
こどものいのちがあることが当たり前ではなかったのでしょう。

 

 

こどもの成長と無事を祈る。

 

今日までのいのちに感謝をする。

 

いのちを敬う気持ちを表す。

 

 

 

今よりも想いは切実だったのかもしれません。

 

 

 

 

 

私達のいのちも、
ここまで順当にきたようで。。

いろいろなことの積み重ねで、
生かされてきていることを考えたいものです。

 

 

 

 

 

11月になって、
可愛らしい晴れ着を見る機会があります。

 

私もよそのおこさまの姿を愛でると同時に、
気持ちは一緒にお祝いする秋のひとコマです。

小さないのちの健やかな成長を願って。

TS3U1210

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼LINE友だち追加▼

LINE友達追加

※メルマガが廃止となり、LINE@へ移行致しました。


関連記事

ラムネの王子様

先日終末期の方がいて・・ 食べることが大好きなのに、 食べれなくな...

記事を読む

そしたら、そこで考えるのだ。

御自身の語りを、と昨日書きましたね。 自身を語る。 これ結...

記事を読む

自身を語る。

私はよく自分のことを話すと言われます。 (最近は・・かな。) 言葉...

記事を読む

見送りは・・

大切な人を見送る、 という役目は誰にも訪れます。 私は個人としても...

記事を読む

そこから想い出す。

哀しみをどう扱ったらいいのか、 よく頂く質問です。 が・・哀しみは...

記事を読む

新着記事

2019年12月1日 インナーチャイルド・ワークショップ

この講座にはinvisible touchという、 愛らしいサブタイ...

記事を読む

切なさの中身

切なさには胸の痛みの切ない故が、 様々な感情と混同されているように思...

記事を読む

しんどいときこそ大事なもの。

人生にはしんどさなんてものも存在します。 しんどいと感じる自分がいる...

記事を読む

メルマガvol.122

ブログの方ではメルマガ連続になっていますが、 遅れ気味の公開にて失礼...

記事を読む

メルマガvol.121

メルマガの公開がどうしても遅れ気味、 ちと反省しつつの記事です。 ...

記事を読む

2019年12月1日 インナーチャイルド・ワークショップ

この講座にはinvisible touchという、 愛らしいサブタイ...

切なさの中身

切なさには胸の痛みの切ない故が、 様々な感情と混同されているように思...

しんどいときこそ大事なもの。

人生にはしんどさなんてものも存在します。 しんどいと感じる自分がいる...

メルマガvol.122

ブログの方ではメルマガ連続になっていますが、 遅れ気味の公開にて失礼...

メルマガvol.121

メルマガの公開がどうしても遅れ気味、 ちと反省しつつの記事です。 ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑