*

一端を担って生きる。

Pocket

生きることは、
ひとりだけでは成り立たない。

 

どんな人でも誰かと関わり合いを持つ。

 

人付き合いが少ないとしても、
食べる物や着るもの、住む所や居場所などとしても。

そして誰かにとっての自分、
という役割でも。

 

 

存在という役割

 

 

私達は周りのことを見がちで、
自分のことを見失いそうになることもある。

自分が知りたいことは自分の中にあること。

 

つい素通りしそうになる。

 

 

倚りかからず~本の紹介

 

出逢いとお別れ・・

誰もが輝きを受け取って、
また大切な人へ繋げていく。

 

 

お互い様ね。

 

 

自分も何かの関わりの一端にあり、

いつかはお別れしていく身でもある。

 

日々気に留めていくこと。

 

この上で、自分を生きる。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

繋がらなくても、大丈夫。

先日来られた方が、 またひとつ教えてくださったこと。 &nbs...

記事を読む

神様の神様

どうにも諦めきれないのは、 死というより別れだと思うのです。 ...

記事を読む

今を一緒に。

人生は人それぞれ、 起こる出来事も想いも固有のものです。 これ...

記事を読む

謝られ上手になろう。

謝れるのは得意ですか? 人に謝られたときの受け答え方、 受け止...

記事を読む

嫌いにある情報量ときたら。

人と話していて興味深いのは、 好きなことより嫌いについて饒舌なこと。...

記事を読む

新着記事

繋がらなくても、大丈夫。

先日来られた方が、 またひとつ教えてくださったこと。 &nbs...

記事を読む

神様の神様

どうにも諦めきれないのは、 死というより別れだと思うのです。 ...

記事を読む

今を一緒に。

人生は人それぞれ、 起こる出来事も想いも固有のものです。 これ...

記事を読む

謝られ上手になろう。

謝れるのは得意ですか? 人に謝られたときの受け答え方、 受け止...

記事を読む

嫌いにある情報量ときたら。

人と話していて興味深いのは、 好きなことより嫌いについて饒舌なこと。...

記事を読む

繋がらなくても、大丈夫。

先日来られた方が、 またひとつ教えてくださったこと。 &nbs...

神様の神様

どうにも諦めきれないのは、 死というより別れだと思うのです。 ...

今を一緒に。

人生は人それぞれ、 起こる出来事も想いも固有のものです。 これ...

謝られ上手になろう。

謝れるのは得意ですか? 人に謝られたときの受け答え方、 受け止...

嫌いにある情報量ときたら。

人と話していて興味深いのは、 好きなことより嫌いについて饒舌なこと。...

→もっと見る

PAGE TOP ↑