*

一歩、春へ。

Pocket

2月はまだまだ寒いですね。
とはいえ立春も過ぎると、
季節は春に近づいています。

 

立春というのは、
単なる季節の節目ではありません。
この日を境に太陽は地球に近くなるから。
(距離ではなく、正確には位置関係です。)

 

 

春のまんまるお月さま

 

 

温かさを感じるのは気温や日差しです。
身近なようで太陽は地球より遥か遠くにあります。
私達は毎日太陽の恩恵にあずかっています。
その光が届くには約8分、
温まるには約1カ月の時差が生じるそうです。

地上ではまだ春は遠く感じますが、
確実に時間も自然も進んでいます。

 

 

2018 小寒

 

 

時間はあっという間だけど、
しんどいときは長くも感じます。

心もね、
春の訪れのように少しずつです。

一歩、一歩、
目には見えないけれど変化があります。

 

 

ひとりで感じる力がないときには、
誰かの手をとってみてください。

そんなときにも来れる場があったらいいな、
そう思い“はじめの一歩”を考えました。

 

喪失との歩みでもあり、
自分の人生のリ・スタートでもあります。

ここから進む方とともに私も歩みます。

 

一歩、春へ。

2018年2月10日 グリーフケア~はじめの一歩

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

不器用の裏側

人は、不器用でいい。 今日、私に届いたフレーズ。  ...

記事を読む

優しさに触れ・・

心の奥にある気持ちとか、 思いがけぬ想いに触れると人は涙が出る。 ...

記事を読む

この言葉を。

言葉を使うようになって、 どのくらい経つだろう。 喃語といわれ...

記事を読む

ステイのスペース

行動を求める人がいっぱいだ。 心について語れるといい。 &...

記事を読む

100歳の遺言~本の紹介

副題がありまして、 ❝いのちから教育を考える❞   ...

記事を読む

新着記事

不器用の裏側

人は、不器用でいい。 今日、私に届いたフレーズ。  ...

記事を読む

優しさに触れ・・

心の奥にある気持ちとか、 思いがけぬ想いに触れると人は涙が出る。 ...

記事を読む

この言葉を。

言葉を使うようになって、 どのくらい経つだろう。 喃語といわれ...

記事を読む

ステイのスペース

行動を求める人がいっぱいだ。 心について語れるといい。 &...

記事を読む

100歳の遺言~本の紹介

副題がありまして、 ❝いのちから教育を考える❞   ...

記事を読む

不器用の裏側

人は、不器用でいい。 今日、私に届いたフレーズ。  ...

優しさに触れ・・

心の奥にある気持ちとか、 思いがけぬ想いに触れると人は涙が出る。 ...

この言葉を。

言葉を使うようになって、 どのくらい経つだろう。 喃語といわれ...

ステイのスペース

行動を求める人がいっぱいだ。 心について語れるといい。 &...

100歳の遺言~本の紹介

副題がありまして、 ❝いのちから教育を考える❞   ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑