*

モチモチの木~本の紹介

Pocket

小さいころ、この本が怖いのによく読んでいた。
どうしてかは、最近思い出そうとしても全く思い出せず。。

怖い本だとかんじていたことしか、思い出せないのだけど。

 

 

でも、小さいころは怖いだけでは
読まないと思うので。。
何か魅かれるものがあったに違いない。

 

何に魅かれていたんだろう?

 

 

長年の名作なので、手にしたことのある方も
多いと思います。

 

切り絵調の挿絵が今見ると、素敵だけど
こども心には良さは難しかったという私の印象かな。

インパクトはあったのでしょうね。

 

これを読んでいた頃の小さい私は、
どうして自分は
五体満足で生まれてきちゃったんだろう?
そう思ってた。

 

 

こんなに、言語化は出来ませんでしたがね。。

 

自分には何の取り柄もないのに、
どうして私は、健康で生まれてきたんだろう?

そう感じていました。

 

 

私のセミナーに来てくださった方には、
このお話をしたりしますが。
そんな私が感じていたのは。。

きっと“いのち”だったと思います。
この本の持つ生命力に
無言の洗礼を受けていたのかもしれない。

いや、愛情の為せる勇気に圧倒されたのかな。

 

そして、私は最近この本を
ふと思い出すのは何故だろう?

 

この本を見ると、その頃感じた気持ちを
思い出したり。。

“いのち”を無意識に感じていたことが
原点だなぁと感じたり。。
今、この仕事のお役目は
もうあの頃から決まっていたんじゃないか。
なんて感じることが増えてきたからかもしれない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼LINE友だち追加▼

LINE友達追加

※メルマガが廃止となり、LINE@へ移行致しました。


関連記事

LUMINEライブラリー

私が書くまでもなく、 若者や都会の方には有名でしょうが・・ ル...

記事を読む

向こうからは見えている。

「うちはね、太陽とかじゃなくて月なんです。」 「あのこが逝ったと...

記事を読む

ラムネの王子様

先日終末期の方がいて・・ 食べることが大好きなのに、 食べれなくな...

記事を読む

そしたら、そこで考えるのだ。

御自身の語りを、と昨日書きましたね。 自身を語る。 これ結...

記事を読む

自身を語る。

私はよく自分のことを話すと言われます。 (最近は・・かな。) 言葉...

記事を読む

新着記事

ivyが7歳になりました☆

思わぬことでブログをお休みしておりますが、 皆様から頂く愛と祈りに心...

記事を読む

2020年 木蓮の候

候とは手紙の挨拶文に使う言葉ですね。 こんな時期ですが、いかがお過ご...

記事を読む

混沌と混沌の間

混沌って難しい言葉ですよね。 ❝こんとん❞と読みます。 これ自体が...

記事を読む

メルマガvol.130

遅れて公開のメルマガがやっと追いつきそう。 今年は大分遅れ気味でした...

記事を読む

緑の風

緑の風が吹いてるなぁ、 と感じるこの頃です。 セミナーでも、カ...

記事を読む

ivyが7歳になりました☆

思わぬことでブログをお休みしておりますが、 皆様から頂く愛と祈りに心...

2020年 木蓮の候

候とは手紙の挨拶文に使う言葉ですね。 こんな時期ですが、いかがお過ご...

混沌と混沌の間

混沌って難しい言葉ですよね。 ❝こんとん❞と読みます。 これ自体が...

メルマガvol.130

遅れて公開のメルマガがやっと追いつきそう。 今年は大分遅れ気味でした...

緑の風

緑の風が吹いてるなぁ、 と感じるこの頃です。 セミナーでも、カ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑