モチモチの木~本の紹介 | グリーフケアとはなんでしょう

*

モチモチの木~本の紹介

Pocket

小さいころ、この本が怖いのによく読んでいた。
どうしてかは、最近思い出そうとしても全く思い出せず。。

怖い本だとかんじていたことしか、思い出せないのだけど。

 

 

でも、小さいころは怖いだけでは
読まないと思うので。。
何か魅かれるものがあったに違いない。

 

何に魅かれていたんだろう?

 

 

長年の名作なので、手にしたことのある方も
多いと思います。

 

切り絵調の挿絵が今見ると、素敵だけど
こども心には良さは難しかったという私の印象かな。

インパクトはあったのでしょうね。

 

これを読んでいた頃の小さい私は、
どうして自分は
五体満足で生まれてきちゃったんだろう?
そう思ってた。

 

 

こんなに、言語化は出来ませんでしたがね。。

 

自分には何の取り柄もないのに、
どうして私は、健康で生まれてきたんだろう?

そう感じていました。

 

 

私のセミナーに来てくださった方には、
このお話をしたりしますが。
そんな私が感じていたのは。。

きっと“いのち”だったと思います。
この本の持つ生命力に
無言の洗礼を受けていたのかもしれない。

いや、愛情の為せる勇気に圧倒されたのかな。

 

そして、私は最近この本を
ふと思い出すのは何故だろう?

 

この本を見ると、その頃感じた気持ちを
思い出したり。。

“いのち”を無意識に感じていたことが
原点だなぁと感じたり。。
今、この仕事のお役目は
もうあの頃から決まっていたんじゃないか。
なんて感じることが増えてきたからかもしれない。

モチモチの木 (創作絵本6)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

一隅を照らす、光とは?

一隅を照らすこれすなわち国宝なり 最澄の有名な言葉です。 ...

記事を読む

もたらされるもの。

喪失を抱いて生きる、 私にとってもテーマです。   ...

記事を読む

アリアドネの糸

神話から由来しているようですね、 難問を解決する鍵のことの比喩です。...

記事を読む

この言葉を。

言葉を使うようになって、 どのくらい経つだろう。 喃語といわれ...

記事を読む

貴方らしく泣いて欲しい。

人は泣く。 泣かない人なんていないもの。   ...

記事を読む

新着記事

あっちとこっち、どちらも大事。

今年もお盆が過ぎていこうとしています。 暑さとどしゃぶりの中、 ご...

記事を読む

それぞれの理由

人にはそれぞれの理由があって・・ ここを正しいとか、 いいか悪いか...

記事を読む

自分の小さな「箱」から脱出する方法~本の紹介

ずっーと前に買ってから積読の山に置いてあった。 らく速(速読のひ...

記事を読む

こころの不自由さを育てる。

身動きとれないように感じる心。 こんなときは何に縛られているのか、 ...

記事を読む

過去が自分を創る。

こないだ過去のことを語る人が、 “そればっか言っていても・・先見てい...

記事を読む

あっちとこっち、どちらも大事。

今年もお盆が過ぎていこうとしています。 暑さとどしゃぶりの中、 ご...

それぞれの理由

人にはそれぞれの理由があって・・ ここを正しいとか、 いいか悪いか...

自分の小さな「箱」から脱出する方法~本の紹介

ずっーと前に買ってから積読の山に置いてあった。 らく速(速読のひ...

こころの不自由さを育てる。

身動きとれないように感じる心。 こんなときは何に縛られているのか、 ...

過去が自分を創る。

こないだ過去のことを語る人が、 “そればっか言っていても・・先見てい...

→もっと見る

PAGE TOP ↑