*

ハッピーエンディング

Pocket

人生の最期という課題でもある、
ハッピーエンディングという言葉がある。

終活という言葉は定着したようにも感じる。
が、エンディングノートを書いたり、
遺言を遺すことが終活のメインではない。

実際終活を常に意識しています、
という人もそれほどいない。
つまり・・
ライフワークレベルにまでは至っていないのだろう。

 

では実際考えようとなったところで、
どうしていけばいいだろうか・・

 

 

介護現場を看ていると、
やはり終末期の選択という惑いがある。

私が看ている現状でも、
最後の場所・どう過ごすかでさえ選ぶことが難しい。

現代は医療と介護が切り離されたような一面もあり、
ひとりの人を通して医師が診ることも少ない。
ケアマネさん、相談員さんも同様。

そうなると終末期の相談というものの行き場がない。
高齢まで元気だと尚更この傾向はある。
見守るご家族ならより悩みは深く感じるだろう。

 

 

先日あるところで、
看取りの話をしてみたところ・・・
“療養型とかに移っていけばいいじゃないか”
とあっさり返答された。

必要となってすぐ移れる訳じゃない、
という現実があるんだなどなぁ。
しかも、そんな単純なことでもない。

 

日頃は触れないというこの課題において、
一般の方々はどんなことを知っておきたいだろう??

 

ということで、
ハッピーエンディングプランナーという学びをしたのです。

 

 

日本HappyEnding協会のHPはこちら

 

 

49枚のカードに書かれている質問に答えていくことで、
自分がリスクに設定していることが明確にわかってくる。

明確というと怖さを感じる方もいるかもしれない。
先送りにしていることがはっきりするのは、
不安や心配を増やすことと懸念する方も多いかと思う。

 

この明確の意味合いは、
日常レベルの行動にレベルを上げるということ。

 

 

カード遊びのような感覚と短時間で、
幅広い分野のリスクを知ることができる。

この方法なら話すことが苦手な方でも、
気も楽に受けてもらえるかなと思っている。

 

 

私の関わっている大切な人を失うということ、
人生で大切なものをなくすというテーマには重要課題だ。

ハッピーエンディングは本人だけでなく、
愛するご家族や周りの方へ伝えることでもある。

 

関心のある方はご連絡くださいな。

どうやって体験して頂くかは、ここから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

日常の安心

安心・安全が脅かされるとき、 人はこれまで生きている世界に揺らぎを感...

記事を読む

時間への意識

時間は誰にも平等といわれます。 確かに1日は24時間、1時間は60分...

記事を読む

未完了の感情

自分の奥を感じてくださいね、 といつもお声掛けをします。 どう...

記事を読む

角度を変えて。

人生の岐路や大きな喪失を迎えたとき、 グリーフという反応を抱えます。...

記事を読む

お互いの真実に。

人にはいろいろなものの見方があります。 と書くと、でも事実はひとつで...

記事を読む

新着記事

日常の安心

安心・安全が脅かされるとき、 人はこれまで生きている世界に揺らぎを感...

記事を読む

時間への意識

時間は誰にも平等といわれます。 確かに1日は24時間、1時間は60分...

記事を読む

繋がりの先

グリーフケアというもの、 これが仕事と捉えられるとき・・ 大事なこ...

記事を読む

未完了の感情

自分の奥を感じてくださいね、 といつもお声掛けをします。 どう...

記事を読む

角度を変えて。

人生の岐路や大きな喪失を迎えたとき、 グリーフという反応を抱えます。...

記事を読む

日常の安心

安心・安全が脅かされるとき、 人はこれまで生きている世界に揺らぎを感...

時間への意識

時間は誰にも平等といわれます。 確かに1日は24時間、1時間は60分...

繋がりの先

グリーフケアというもの、 これが仕事と捉えられるとき・・ 大事なこ...

未完了の感情

自分の奥を感じてくださいね、 といつもお声掛けをします。 どう...

角度を変えて。

人生の岐路や大きな喪失を迎えたとき、 グリーフという反応を抱えます。...

→もっと見る

PAGE TOP ↑