シリーズ5回目 死生観 | グリーフケアとはなんでしょう

*

シリーズ5回目 死生観

Pocket

死生観て難しい言葉でしょうか?
まぁ、日常で聴くことが少ないことは確かですね。

前回の時も、お話ししたように
この5回目は死生観と死生学が混じっています。

グリーフケア シリーズ5回目

 

5回終えると、なんだか感慨深い気持ちです。
受講してくださった方の何かになればというエールの気持ち、
大きいテーマをお伝えするというプレッシャーから放たれた気持ち、
毎月会えていたという幸せを手放すような寂しい気持ち。。

 

人って贅沢ですね。

 

 

以下、ご感想です。
前回も同じでしたが、5回目は個人的な気持ちが多いご感想なので
少し伏せてご紹介します。

 

・5回のセミナーでいろんな多くのことを知り、学べました。
○○は短い人生だったけど、太く短くこの人生を駆け抜けていきました。
そんな中で私も想いでもいっぱい作ることも出来ました。
これからも私も少しずつ自分の死まではいかなくても、
どう生きていけば良いのか考えながら生きていこうと思います。

 

・生きることと死ぬこと、そしてそれをどう受け止めて生きていくのか。
お話を聞いてる時にずっと考えていました。
日々、私は何となく生きていますが、それが当たり前のことだと思っているので
その当たり前の延長上にあるのが「死」だとしたら。

 

・まだ自分の死について、深く考えられませんが、
どう向き合うかという心構えは備えておきたいと思いました。
毎回自分一人では考えられなかった「テーマ」を与えてくださって、
私に考えるきっかけを与えてくれたことに感謝します。

 

本当にありがとうございました。

また、写真を撮り忘れました。

何せ、始まる前からみんなで喋ってるもんだから。。
一夜明け、事務所の裏の神社の雨上がり。
TS3U0427

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

それぞれの理由

人にはそれぞれの理由があって・・ ここを正しいとか、 いいか悪いか...

記事を読む

自分の小さな「箱」から脱出する方法~本の紹介

ずっーと前に買ってから積読の山に置いてあった。 らく速(速読のひ...

記事を読む

こころの不自由さを育てる。

身動きとれないように感じる心。 こんなときは何に縛られているのか、 ...

記事を読む

過去が自分を創る。

こないだ過去のことを語る人が、 “そればっか言っていても・・先見てい...

記事を読む

一隅を照らす、光とは?

一隅を照らすこれすなわち国宝なり 最澄の有名な言葉です。 ...

記事を読む

新着記事

それぞれの理由

人にはそれぞれの理由があって・・ ここを正しいとか、 いいか悪いか...

記事を読む

自分の小さな「箱」から脱出する方法~本の紹介

ずっーと前に買ってから積読の山に置いてあった。 らく速(速読のひ...

記事を読む

こころの不自由さを育てる。

身動きとれないように感じる心。 こんなときは何に縛られているのか、 ...

記事を読む

過去が自分を創る。

こないだ過去のことを語る人が、 “そればっか言っていても・・先見てい...

記事を読む

一隅を照らす、光とは?

一隅を照らすこれすなわち国宝なり 最澄の有名な言葉です。 ...

記事を読む

それぞれの理由

人にはそれぞれの理由があって・・ ここを正しいとか、 いいか悪いか...

自分の小さな「箱」から脱出する方法~本の紹介

ずっーと前に買ってから積読の山に置いてあった。 らく速(速読のひ...

こころの不自由さを育てる。

身動きとれないように感じる心。 こんなときは何に縛られているのか、 ...

過去が自分を創る。

こないだ過去のことを語る人が、 “そればっか言っていても・・先見てい...

一隅を照らす、光とは?

一隅を照らすこれすなわち国宝なり 最澄の有名な言葉です。 ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑